JIS溶接試験

【絶対合格!】N-2F JIS溶接試験のやり方 裏波溶接のコツ

N-2F JIS溶接資格で困っていないか?

 

突き合わせ溶接の模擬試験で多くの人が受験している資格。

 

N-2F。

 

最近ではA-2Fも増えてきたが,

溶接工は裏波が出せる,出せないで技量が全然違う。

A-2FとN-2Fを比べると断然N-2Fのほうが技量が高い。

アーク溶接資格。N-2FとA-2Fどちらを取得するべきか?JIS溶接技能者。裏板なし(N-2F)と裏板あり(A-2F) 溶接工永遠のテーマ。 これはどっちもありっちゃあり。 最近の流行り...
初心者配管溶接工は何から資格をとればいいのか?溶接工はまず何から資格を取得するべきか? 溶接するときには資格は必須。   早く一人前になって現場で溶接したい! という思いがあ...

溶接工を職業とするなら2年目ぐらいで取得しときたい。

 

俺はN-2Fを受験するときに

会社に教えてくれる人がいなかったため苦労した。

練習するにも治具がいるし,試験要領もわからない。

ネットの情報だけが頼りで色々なサイトを読み漁った。

 

今回はN-2Fを初めて受験する人向けに試験要領を記事にしたい。

N-2F溶接試験材料

材質はSS400

長さは150mm

幅は125mm

開先角度は30°

ルート面は2mm

厚みは9t

写真のような材料を突き合わせで溶接する。

 

試験材料作製時は両開先で板を作ることをオススメする。

何回も練習する必要があるため1回練習してポイでは

もったいない。材料費と練習効率を考えて練習材料も作ろう。

N-2F溶接試験の条件

 

ルート間隔は2.5mm±0.1mm

仮付けした後のルート間隔。

裏波溶接はルート間隔がすごく大事。

もし仮付け後,設定がずれていたらやりなおすぐらい

シビアに設定したい。めんどくさいは上達を遅らす。

 

ルート面は2mm

グラインダーでまっすぐに削る。

ヤスリで手仕上げする人もいるぐらい

ルート面も重要。

きっちり真っ直ぐに取ることが大事。

 

電流

1層目 98.5A 短絡電流

2層目 160A 短絡電流

3層目 155A 短絡電流

 

溶接棒

1層目 LB-52u 3.2φ

2層目 LB-47  3.2φ×2本

3層目 LB-47  3.2φ×2本

 

N-2F溶接試験は仮付けが合否を分ける。仮付けのコツ。

TN-P JIS溶接試験のやり方 固定配管裏波溶接のコツ TN-P JIS溶接資格で困ってないか? この記事は,溶接工歴25年の管理人が,JIS溶接試験TN-Pのやり方(要領)について...

この記事でも書いたけど↑↑↑

溶接はほとんど仮付けの時点で終わっている。

大事だから何回でも同じことを書く。

 

N-2Fは仮付け命。

 

ちょっとでも設定したルート間隔が出来なければ,

溶接してはならない。

 

試験時はやり直しはきかないので何回も練習してほしい。

 

仮付け前にルート面の確認。

しっかり2mmを確認し仮付けに入る。

 

仮付け時のコツと注意点

・アークスタートするために試験材をカンカン叩かないこと!

 

・板と板が目違いしていないこと確認する。

 

・仮付けはライムチタニア系の溶接棒(B-14,B-17)でする。

 (低水素系溶接棒はアークスタートが難しいため)

 

・2.6mmぐらいのライナーがあれば挟んで仮付けする。

 (仮付け時に縮む分を考慮する)

 

・1箇所仮付けしたら必ずルート間隔を確認する。

 

・仮付けはしっかりと溶接する。電流は短絡電流で120A程度。

ここで重要なのはアークスタート

 

アークスタート時に試験材にカンカンと

溶接棒を叩くことはやめてほしい。

 

ブラッシング法でアークスタートするか,

捨て板からアークを持ってきてほしい。

せっかく設定したルート間隔がずれるからだ。

【被覆アーク溶接】アークの出し方,コツ【簡単アークスタート方法】【被覆アーク溶接】アークの出し方,コツ【簡単アークスタート方法】 本記事の内容は以下の通り ・簡単で...

この記事を読んでアークスタートを練習してほしい。

きっと一撃でアークスタートできるはず。

 

ライムチタニア系のB-14や17は簡単にアークスタートできるので

ぜひ仮付けには使ってみてほしい。

 

低水素系の溶接棒のアークスタートの難しさから比べれば

なんてことはない。

仮付けは裏側から2箇所する。

1箇所終わればルート間隔を確認する。

ルート間隔を計測。2.5mm±0.1mmに入ってることを確認。

2箇所仮付け完了。裏側はこんな感じ。

表側の仮付け完了後。理想的な仮付け状況。

均一なルート間隔。

 

我ながら上手いこといった。

 

ブログ用に久しぶり(18年ぶりかも)にN-2Fをやるので

ちょっと緊張する。

 

ここで失敗したらかっこわるすぎるしこのブログの信用性がなくなる。

日本一の溶接ブログ目指してるのに基本級できないのはヤバイ。

できませんでした。。。ってオチだけは避けたい。

 

裏波溶接終了までは気を抜けない。

しっかり手順を確認しながら進もう。

 

仮付け終了したら試験官に刻印を打刻してもらう。

各都道府県の溶接協会によって違うかもしれないので,

しっかり試験前の説明を聞いて欲しい。

 

刻印を忘れたり自分の勝手な解釈で試験を行うと失格となるので注意。

N-2F溶接試験 1層目。裏波溶接のコツ。

被覆アーク溶接のN-2Fは難しい。

きっと初心者はもがくはず。

しかしコツさえつかめば全然怖くない。

だれでも絶対合格できる。

 

1層目 裏波溶接のコツと注意点

・低水素系の溶接棒は乾燥!

 

・音と光を意識する。

 

・ヤバイ!と思ったら試験材の真ん中でアークを止める。

(試験片採取位置を避けるため)

 

・電流調整はシビアにする。

 

・溶接棒の角度を意識する。70°±0.5°ぐらい。

 

・開先に溶接棒をそわしながら進む(アーク長は極力短く)

 

・穴が空きそうになったら溶接棒を倒すor戻す。

 

・150mmの距離をスムーズに動かせる体勢を作る。

 

・力は抜く。ホルダーは握りしめない。

 

・1層目終了時に裏曲げの位置(クレータ位置)を決める

 

1層目はLB-52u。神戸製鋼所の裏波棒。

低水素系の溶接棒は必ず乾燥させること!

被覆もはがれやすい棒なので慎重に取り扱うこと。

低水素系 LB-26,47,52,52u,乾燥温度 300〜350℃

 

乾燥時間 30分〜1時間

溶接棒乾燥器に使用する分の溶接棒だけいれること。

 

何回も熱するのはNG。

会社によって違うが基本的には乾燥するために熱するのは2回まで。

 

まれに乾燥させないで使用している人を見かけるが

ブローホールが入るのでやめたほうがいい。

 

被覆アーク溶接はTig溶接比べて溶接速度が早いため,

ブローホールに気づかない。

 

低水素系は必ず乾燥!を徹底する。

 

 

次に音と光。

これは裏波溶接のキモとなる重要な要素。

溶接中に裏波を確認するにはこれしかない。

 

まずは

表現が難しいがコポコポって感じの下にアークが抜ける音のこと。

パチパチではなくコポコポ音

長嶋茂雄みたいな抽象的な表現だが説明が難しい。

穴が開くときはズボズボ音,裏波がでてるときはコポコポ音

この音が聞こえるように溶接速度や角度を調整する。

アーク貫通音の習得は最初の難関。

 

 

 

あとは

溶接進行方向の開先の明るさ。

 

進行方向の開先が暗かったら裏にアークが抜けてない証拠。

溶接棒をすぐに進ませる。溶接速度を上げる。

溶接プールから溶接棒を出す感覚。

溶接棒の角度は70°

で光を確認する。

 

進行方向が暗くてコポコポ音が聞こえないなら裏波はでていない。

 

この2つ,音と光で裏波溶接はわかる。

1層目終了後。

とりあえずは許せるレベル。

 

1層目終了時点で裏曲げの位置を決める。

最終クレータの位置で裏曲げの位置が決まるため,

裏波の状態をみてどっちにクレータを持ってくるか決める。

クレータに近い方が裏曲げとなることを覚えておくと,

試験では合格率があがる。

 

N-2Fだけこの方法ができる。

N-2VやN-2H,N-2Pは決められた位置を守る。

初心者溶接工は被覆アーク溶接が上手くなりたいなら基礎練習が超重要。被覆アーク溶接は難しい。 いろんな種類の溶接がある中で,被覆アーク溶接が一番難しいんじゃないだろうか? 被覆アーク溶接を...

N-2F溶接試験 2層目。

2層目は中間層。

しっかりと開先を溶かしたい。

ウィービングで行う。

 

2層目のコツと注意点

しっかりと両端で止まる。

 

・開先を消してしまわないようにウィービング幅を調整する。

 

・1層目のスラグを綺麗に清掃する。

 

・クレータ処理をしっかりと行う。

 

・ビード形状はなるべく平にする。

 

・電流はできるだけ高くする。

重要なのは開先(母材)をよく溶かすこと。

両端は止まり中央部はちょっと早く。

ビードを平に作るコツ

2層目終了後。

もうちょっとビードは平がいい。

 

どうしても山なりビードになると溝にスラグが

噛み込むことが多く欠陥になりやすい

 

なるべくは平らなビードを目指そう。

N-2F溶接試験 3層目 最終層。

3層目は最終層。

電流を5A程度落として外観重視で仕上げたい。

 

溶接棒は3.2φを使ったが4φで仕上げてもいい。

今回は3.2φでビードを継ないでみた。

 

 

3層目のコツと注意点

しっかりと両端で止まる。

 

・ウィービングでしっかりと開先を溶かす。

 

・2層目のスラグを綺麗に清掃する。

 

・クレータ処理をしっかりと行う。

 

・リズムよくビードの波をそろえることを意識する。

 

・溶接終了後には自分で外観検査をする。

2層目のコツと注意点と似ている。

 

ここまできたらビードの形状を整えて提出するのみ。

肩の力を抜いて仕上げよう。

 

一番怖いのはアンダカット。

しっかり両端では止まりアンダカット防止につとめる。

 

溶接終了後には自分で外観検査をしよう。

・ビードの表面

・ビードの幅や高さ

・始端と終端(クレータ)の状況

・アンダカット,オーバーラップの有無

被覆アーク溶接初心者 オーバラップの原因と対策。溶接欠陥。被覆アーク溶接でのオーバラップの原因 オーバラップとは? 母材表面にあふれ出た溶融金属が,母材を溶融することなく冷接...
被覆アーク溶接初心者 アンダカットの原因と対策。溶接欠陥。被覆アーク溶接でのアンダカットの原因 アンダカットとは? 溶接ビード止端部に存在するノッチ状にえぐれた欠陥である。溶...

3層目終了後。

 

ちょっと余盛が高い気もするが今回はこれでヨシとしよう。

もっといいビードが引けたら画像だけ差し替えよ。。。

 

学科試験について。

N-2Fはアーク溶接に分類される。

 

なのでT-1FやC-2F等で学科試験を受けて合格している人は

学科試験は免除される。N-2Fを受ける際にはこの本で勉強すれば

ほぼ合格するだろう。

巻末の過去の試験問題を1回〜2回程度やれば問題ない。

ほぼ同じ問題なので問題なく合格できるだろう。

 

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。