溶接の知識

【配管の基礎知識】SUS(ステンレス)配管TP-SとTP-Aの違い,英語の意味,使い分け(メリット・デメリット)とは?

配管仕様はややこしいけど,超基本的事項

 

配管を製作するときには,使用する材料の仕様を把握しなければならない。使用する材料と一口に言っても色々な種類がある。いざ配管を鋼材屋さんに注文しようと思っても,細部まで配管仕様を知らないと注文すらできない。

 

溶接が仕事の溶接工でも配管の仕様を知らない溶接工はいない。そこで今回は配管の仕様でステンレス配管のTP-SとTP-Aに絞り,違い,英語の意味,使い分けを記事にしたいと思う。配管を注文するにはTP-S,Aの違いだけでは足りないが超基本的事項なのでまずは押さえておきたい。

SUS(ステンレス)配管の種類

SUS(ステンレス)配管には大きく分けて3種類ある。

  1. 構造用・・・航空機、自転車、車両、建築等の構造物に適用。
  2. 配管用・・・配管用は4種類あり主に一般的な配管に適用。
  3. 熱伝達用・・・ボイラ等の熱交換用の配管に適用。

今回は②の配管用のステンレス配管の説明。

 

②配管用はさらに4種類に分けられていて

  1. 配管用ステンレス鋼鋼管・・・TP
  2. 配管用溶接大径ステンレス鋼鋼管・・・TPY
  3. ステンレス鋼サニタリー管・・・TBS
  4. 一般配管用ステンレス鋼鋼管・・・TPD

 

TP-S,TP-Aがあるのは①の配管用ステンレス鋼鋼管のこと。

 

①の配管用ステンレス鋼鋼管は一般的に一番よく使われていて,ステンレス鋼鋼管といえば①配管用ステンレス鋼鋼管をさすことが多い。

むちゃくちゃわかりやすい参考ページ

ステンレス管の種類

SUS(ステンレス)配管 TP-SとTP-Aの違い

配管用ステンレス鋼鋼管は2種類ある。

  1. TP-S
  2. TP-A

ここからが本題だが,違いはSとAの違いは何か?ということになる。

TP-Sとは継ぎ目なし鋼管(シームレス管)のこと。

TP-Aとは電気抵抗溶接鋼管(電縫管)のこと。

 

継ぎ目なし鋼管(シームレス管)とは?

継ぎ目なし鋼管(シームレス管)とは、その名のとおり、パイプの長手方向に溶接や鍛接による継目(シーム)のないパイプのこと。

 

電気抵抗溶接鋼管(電縫管)とは?

鋼板を管状に丸め、その継目を溶接して製造される。

SUS(ステンレス)配管 TP-SとTP-A英語の意味

TP-SとTP-Aの本質的な違いは分かったが英語の意味を知ることによってさらに理解が深まると思う。

T・・・Tube(チューブ)

P・・・Pipes(パイプ)

S・・・Seamless(シームレス)継ぎ目なし

A・・・Arc welding(アークウェルディング)電気抵抗溶接

※シームの意味が継ぎ目,断層って意味なので電気抵抗溶接管のことをシーム管という場合もある。

SUS(ステンレス)配管 TP-SとTP-Aの使い分け メリット・デメリット

ではどういう場合にTP-SとTP-Aを使い分けるのか?

TP-S(シームレス管)のメリット

  1. 剛性がある
  2. 肉厚管が作りやすい

溶接部がないため、パイプの全ての部分において同一の剛性が得られるのが特徴。また、一般的に外径にくらべて肉厚が厚いパイプ製造が比較的容易。

TP-S(シームレス管)のデメリット

  1. 寸法精度や表面性状がよくない
  2. 価格が高い

製造方法上、高い寸法精度が得られ難く、パイプの表面性状もあまり良くない。そのため、必要に応じて冷間伸管などを行い、寸法精度や表面性状、強度を高めなければならない。

 

TP-A(電気抵抗溶接管)のメリット

  1. 薄肉管が作りやすい
  2. 価格が安い

薄肉パイプの製造に最適なだけでなく、表面性状がよく、押出パイプに必ず発生してしまう、「偏肉」が皆無になる。

TP-A(電気抵抗溶接管)のデメリット

  1. 継ぎ目の溶接部から割れやすい(強度)
  2. 変形しやすい

鋼板を丸めて継ぎ目を溶接するため継ぎ目部分は強度面でシームレス管と比べると劣る。継ぎ目部分は溶接してあるため変形しやすく取り扱いに注意しなければならない。※ちなみにJIS溶接試験のTN-Pで使われるのはTP-A。

TN-P JIS溶接試験のやり方 固定配管裏波溶接のコツ TN-P JIS溶接資格で困ってないか? この記事は,溶接工歴25年の管理人が,JIS溶接試験TN-Pのやり方(要領)について...

SUS(ステンレス)配管の主流はTP-S

最近の建設現場ではほとんどがTP-S(シームレス管)。

 

SUS(ステンレス)配管は一旦敷設するとほぼ長年使用になるため,TP-A(電気抵抗溶接管)の継ぎ目部からの割れやリークを恐れTP-S(シームレス管)を選択することが多い。またTP-Aは継ぎ目を考えながら(継ぎ目部分を流体が流れないように上向きにするなど)敷設しなければならないので施工効率も若干下がる。

 

デメリットである寸法精度も最近では問題になることが少ない。価格は高いが一生使えると考えれば納得がいく値段ではある。(電気抵抗溶接管の約2倍はする)

まとめ

まとめ

TP-SとTP-Aの違いはシーム(継ぎ目)の有無。最近の主流はTP-S。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。