Tig,被覆アーク共通

意外と知らない!? Tig,アーク溶接時アースの取り方と注意点。

そもそも溶接時アースはなぜ取るのか?

結構会社の新入社員からよく聞かれる。

 

初心者には,

当たり前のことが当たり前に見えないんだなぁーと

気付かされる。

 

溶接時にアースをとる理由は

「電気の流れる回路を作ってやる必要があるから」

 

豆電球の回路と同じ。

電池から豆電球まで一周ぐるっと線がつながっている状態。

 

溶接機を電池とするなら

豆電球がトーチやホルダーから出るアーク。

 

理屈はどうあれ,アースを取らないと溶接はできない。

溶接時は電気回路を作ってやるのと同じ。

Tig,アーク溶接時アースの取る場所。

アースの取り方は非常に重要で一歩間違うと労災にまで発展する。

しっかり覚えておきたい知識。

 

「溶接時のアースは必ず母材で取るようにすること」

 

これは案外現場で軽視されている。

 

工場での溶接の場合,母材(溶接する品物)は溶接機の近くにあり,

アースを取りやすい。

 

現場では母材は大抵溶接する場所から離れた位置にあり,

アース線を引っ張るのがめんどくさい。

だから横着して近くの梁や鉄骨,サポートなどに

アースを取り付けることが多い。

 

これは絶対NGですぐやめて欲しい。

なぜか??

Tig,アーク溶接時,母材でアースを取る理由。

1.感電災害になる。

職場の安全サイトより労働災害事例

アースを溶接する母材で取らないと思わぬところに

電気が走る例。

死亡者が出ている。

いろんな作業員がいる現場では特にアースの取り方は注意したい。

 

2.火災になる。

火災・事故防止に資する防災情報提供シートより

アースを現場で取っているが取る場所が母材ではなかったため,

電気が迷走し火災になってしまった事例。

溶接している場所で火災が起きれば気づくのも早いが,

迷走電流はどこに走るかわからないため

火災が作業場所とは別のところで起きる。

 

3.機器の誤動作を起こす。

感電災害や火災と同じ理屈で電気が迷走する。

迷走した先に機器(電磁弁や基盤)などがあると誤動作する。

プラントなどでは,プラント停止になることさえあるから

アースは必ず現場の母材で取って欲しい。

 

アースを引っ張るのは案外めんどくさい。

現場の人間ならよくわかると思う。

俺もいろんな事例を見るまでは鉄骨から普通に取ってた。

 

「やらかし」は結局,作業効率を下げるので

今はめんどくさいが現場の母材で取るようにしている。

アースの取り方注意点。

1.アースの接地面積をなるべく多くする。

電流が流れる面積を多くしてやることが大事。

アースはクランプタイプのもので,

接地面積を増やすことが大事。

 

2.アースを取る場所は綺麗に磨く。

錆や汚れがついていると電気がうまく流れない。

グラインダーやワイヤブラシでしっかり磨いて

アースを取り付けることが大事。

 

3.しっかり締め付ける

グラグラしたりすぐ外れたりするものはNG。

確実に固定する。

これもクランプタイプがオススメ。

 

まとめ

アースは案外,軽視されがちだが重要度はかなり高い。

 

アースがうまく母材に取り付けていないと

・感電,火災,機器の誤動作になる。

 

アースの取り付け方は

・接地面積を多く,取り付け箇所の磨き,しっかり締め付け。

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。