溶接

溶接時に実技試験会場や現場で緊張しない2つの方法。

溶接時緊張しないで溶接できてるか?

俺は昔から緊張しやすい。

あがり症。

学生時代の国語の時間などは本読みで声が震えてた。

 

文化祭なんて最悪。

 

女子とダンスや作り物なんて絶対無理。

手は汗でビチョビチョ。

匂いも臭かったと思う。。。。

 

思い出しただけでも最悪な思い出。

当然会社に就職しても治るわけもなく。

朝の朝礼時や何かの発表会とかは死ぬほどイヤだった。

 

1日前から吐き気が止まらず会社を休んだこともある。

 

そんな情けないエピソードを持つ俺だが緊張を今ではなんとか克服できた。

緊張じたいは悪いものではないが

コントロールできないと実力を発揮できない。

 

溶接時だけでなくいろんな所で応用がきく方法なので

緊張やあがり症で悩んでる人は試してほしい。

JIS溶接技能者評価試験TN-Pでよくある失敗3選。リカバリー術。溶接技能者試験って何? https://40chousennsya.com/weld1 鋼構造物の製作における溶接作業に従事...
溶接上達3つのコツ。アーク,Tig共通。溶接にはコツがある 溶接うまくいっているだろうか? 溶接にはコツがある。 ちょっとでもコツがわかれば上達のスピードもあがる...

緊張時は呼吸が浅い,丹田呼吸法で呼吸を深くする。

丹田とは?

東洋医学で,臍へその下のあたりをいう。全身の精気の集まる所とされる。 「臍下せいか-」

俺は東洋医学とかはあまり信じる方ではないが,

年を経るにつれて体は心と

密接に関わってることは理解できるようになった。

 

緊張を自分で客観的に分析してみると

 

・体が硬く力が入ってる。

・呼吸がむちゃくちゃ浅い

・口の中が乾く

 

丹田呼吸法を覚えてからは体の硬さや呼吸の深さが変わった。

といっても緊張がなくなるほどではないが

視野が広くなったと言えばいいか。

 

状況を冷静にみれるようになった。

 

溶接実技試験会場は独特の雰囲気で廻りの人を見ると

みんな溶接が上手い奴ばかりに見える。

 

溶接試験ブースは3人ぐらいで順番に使うので

1人が溶接が遅いと次の人に迷惑がかかる。

 

そんなプレッシャーもあって溶接試験はうまくいかないことが多かった。

 

丹田呼吸法を覚えてからは廻りがよく見えるようになり,

俺が1番だ!

ぐらいの気持ちで試験に望めるようになった。

 

場数を踏んだのもあるが丹田に力をいれると

根拠のない自信がつくみたいだ。

溶接実技試験時に!丹田呼吸法。

俺はいつも丹田呼吸法を試験会場のトイレでやっている。

溶接試験ブースでやってたら怪しい。

  1. 姿勢はどんな体勢でもよい。楽な姿勢。
  2. お腹(丹田)に手のヒラを置く。
  3. 図の1番のようにまずは息を吐く(4秒)。丹田が硬くなるのを確認。
  4. 息を吸う(8秒)丹田を膨らませる。

ポイントは息を吐く秒数よりも吸う秒数を倍にすること!

 

心臓の音が聞こえてたのが徐々に静まってくるがわかると思う。

 

俺は心臓がこわれるんじゃないかってくらい緊張してた。

丹田呼吸法を覚えてからは心臓の音を聞いたことはない。

 

緊張時だけじゃなく,朝起きて毎日この呼吸法をやるといい。

なんか妙に自信つく。

 

理由はよくわからないけどセロトニンが関係しているらしい。

丹田呼吸 セロトニン神経活性 2時間

溶接前に力を極限まで入れる。

このやり方は俺のオリジナル。

丹田呼吸法では緊張は全て緩和されない。

どうしても緊張が復活する。

 

あるときテレビでバスケットボール選手が試合前に

舌をだして頭を振っているのをみた。

 

最初は品がない行動だと思ったが

力が抜けて実力がだせるらしい。

科学的にも実証されている。

 

それをちょっとアレンジして。

  1. 舌をだして楽な体勢になる。
  2. 体に精一杯の力を入れる。
  3. 体全体をブルブルふる。

 

不思議と力が抜けているはず!

 

トーチを持っても違和感がなかったので俺は試験前は

・丹田呼吸法

・力ブルブル(勝手に命名)

をおこなっている。

まとめ

緊張はコントロールできる。

 

俺は恥をかくのがイヤだった。

プライドの問題だったと思う。

 

自分がどういう状態になっているか分析するのも大事。

 

そこから緊張への対処を考えよう!

 

丹田呼吸法と力ブルブルは絶対やってみてほしい。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。