Tig溶接

【Tig溶接】Tig溶接機の選び方。7つのチェックポイント。

Tig溶接機の選び方

 

いつも使っているTig溶接機が

どうやって選ばれたか知っているだろうか?

 

Tig溶接機にも色々種類があり,

場所,用途,容量など様々な理由で選ばれている。

 

新しい溶接機を購入する際に注意しなければならないことや,

知っておかなければならないことは沢山ある。

 

溶接機の選定を間違えると溶接できない場合や,

効率が悪くなる場合など様々な弊害がでてくるので

注意しながら選定する必要がある。

 

今回は,

Tig溶接機を選ぶ際に気をつける

7つのチェックポイントについて記事にしたい。

Tig溶接機の選び方 ①設置場所

Tig溶接機をどこに置くのか?

当たり前すぎて意外と忘れがち。

 

新規でTig溶接機を購入する場合や

設置場所を変更する場合,Tig溶接機が設置できるか確認が必要だ。

 

種類によって寸法が違うため設置しようと思っても,

入らなかったり耐荷重が少なかったりするので,

購入前には必ず設置場所の確認が必要。

 

Tig溶接機なので,

付属品(アルゴンや水冷タンク,トーチ類)なども

置く場所が必要。

 

なので大前提として設置場所の確保をまずは確認。

 

溶接機の設置場所注意事項

・溶接機の寸法の確認はいいか?

・直射日光やホコリがなるべく少ない場所か?

・ボンベやトーチ,水冷タンクなど置くスペースがあるか?

・電源は近くにあるか?

・湿気や雨風が当たらないか?

Tig溶接機の選び方 ②溶接電流

Tig溶接機をどれぐらいの溶接電流で使うのか?

を決める必要がある。

 

自宅でバイクや趣味のものを溶接したい時と,

配管や工作物を溶接したい場合では溶接電流が違う。

 

溶接機には定格使用率が決まっており

使いたい溶接電流によって溶接機の容量も違う。

 

定格使用率とは?

溶接機にはJIS規格によって使用率が決められている。

定格使用率とは10分間のうち何パーセントの使用なら安全か?を表したもの。

 

例えば

定格出力 350A、

定格使用率:60%の溶接機の場合、

10分の間に6分だけ350Aのアークを出すことができ、

4分は休止するという使い方。

例でいくと連続で350Aの溶接電流は使えないって事になる。

仕事効率とすれば悪いので500Aの定格出力の溶接機を選ぶ必要も出てくる。

 

使用用途によって溶接機を選ばなければ,

350Aの溶接電流を使いたいのに

定格出力電流が200Aの溶接機を買っても使えない。

 

定格出力電流は溶接機の商品番号

に表示されているのですぐにわかる。

 

例えばダイヘンのウェルビー・インバータ・A350Pの場合

定格出力電流は350Aだ。

定格使用率はカタログを見るしかない。

Tig溶接機の選び方 ③材料の厚み

どれぐらいの厚みの品物を溶接するかで

大体の溶接機の選定ができる。

 

板厚による溶接機の選び方。

1mm〜5mm 定格出力電流 300A未満

5mm〜9.9mm 定格出力電流 300〜500A未満

10mm以上 定格出力電流 500A

定格出力電流が決まれば選択肢はグッと減るので

選びやすいはず。

 

当然定格出力電流が大きい溶接機は

設置場所も大きいので注意が必要。

Tig溶接機の選び方 ④直流か交流か?

アルミニウム合金を溶接する場合があるかどうか?

被覆アーク溶接でも使用するか?

交流パルス溶接は使用するか?

 

これによって直流だけでいいのか交流も必要かが決まる。

 

通常Tig溶接は直流なので上記の要素がなければ

直流のTig溶接機でいいので導入コストが下がる。

Tig溶接機の選び方 ⑤サイリスタ制御かインバータ制御か?

Tig溶接機の制御方法は2種類ある。

サイリスタ制御かインバータ制御かだ。

 

サイリスタ制御とインバータ制御の違い。

全然わからない。。。

 

要するにインバータ制御の方が

・溶接機を小型化できる

・溶接機を軽量化できる

・出力電流の応答も早い

最近ではほとんどのTig溶接機でインバータ制御。

コスト面で考えるならサイリスタ制御となる。

 

最近ではデジタルインバータも流行りでインバータ制御より

さらに細かな設定ができ優秀な溶接機もある。

Tig溶接機の選び方 ⑥空冷か水冷か?

溶接電流を上げると空冷トーチの場合,

熱くてトーチが持てなくなる。

 

溶接電流でいえば180A以上だと結構トーチは熱い。

 

連続で高電流溶接するには冷装置が必要

 

なので溶接機購入前には水冷か空冷で溶接するかは

選んで置く必要がある。

 

後付けで水冷タンクを拡張できる溶接機もあるので,

そういう溶接機を選んで置くのも手だ。

 

空冷トーチと水冷トーチは

それぞれメリット,デメリットがあり

一概にはいえないが,工場溶接が多い場合は水冷

現場溶接で使いたい場合は空冷となる場合が多い。

 

コスト面や消耗品,設置場所等様々な要素があるため

別の機会で記事にしたい。

Tig溶接機の選び方 ⑦溶接機メーカー

溶接機メーカーはほぼ2択。

 

パナソニックかダイヘン。

 

この2メーカーのTig溶接機を選べば間違いない。

アフターサービスもいいし,部品も様々な用途用が揃っている。

故障も少ない。

 

へたに安いからといって2流メーカー品を買うと故障したり

壊れた時に部品がなかったりして余計にコストがかかる。

 

Tig溶接機はパナソニックかダイヘンで決定したい。

パナソニック溶接機

ダイヘン溶接機

まとめ

Tig溶接機の選定は作業効率や品物の仕上がりに影響するので

しっかり選定したい。

・設置場所

・使用溶接電流

・材料の厚み

・交流or直流

・サイリスタ制御orインバータ制御

・空冷or水冷

・溶接機メーカー

上記の項目を全て満たす溶接機を買えば間違いない。

必要以上の溶接機はいらない。

使用用途に合わせて選んでほしい。

 

溶接機を選んだら

溶接電源ケーブルや分電盤の設置,

トーチなどの部品を選んで行く。

 

このブログが参考になれば嬉しいし幸せだ。

 

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. love survivor より:

    とても参考になります。m(_ _)m
    素人ですがバイクやクルマのアルミ溶接がしたいので検討中です。
    現在導入検討中の素人の導入判断ポイントです

    ・アルミニウムの溶接をやりたいかどうか?
    →アルミ溶接をやりたい場合は安物ダメ インバータ式tig

    ・定格使用率
    →基本的に基板を排熱から守る為の使い方で
    業務用水冷ならほぼ気にしなくていい、空冷式は注意が必要。

    ・サイリスタかインバータ(フルデジタル)か?
    サイリスタはアルミ溶接はできない
    サイリスタはダイオード素子なので素子交換など修理は比較的楽
    (インバータ基板は修理メンテナンスが面倒)
    サイリスタ式の溶接機はめちゃちゃ重い!ので送料がめちゃ掛かる。
    (鉄工作業所などでユニックなど持ってる場合は格安購入可能)

    ・被覆アーク溶接でも使用するか?(色々な母材を試したいか)
    →母材が絞れるなら半自動溶接の方が導入コストは安い
      (デジタル制御tigかインバータ制御tigなら各母材への対応可能)

    ・交流パルス溶接は使用するか?
     →tig溶接をやるなら基本は交流パルスで
     →(ポータブルタイプ 現場移動用のみ例外)

    普通にまともなtig溶接機買うと高いですね!><
    修理前提でダイヘンかパナのジャンク買うのがよさそうです

    • 40chousennsya より:

      コメントありがとうございます!溶接機って高いですよね。修理できるスキルがあるなら中古もいいですね!アルミ溶接はほとんど経験がないので色々教えてください。

  2. love survivor より:

    返信ありがとうございます

    私はまだ色々情報収集中ですが、
    アルミ溶接が出来るようになると…

    ・中古工作機器の修理
    ・治具やパーツの補修
    ・エンジン機器などの冷却フィンなどの補修(工具等)
    ・アルミ工作物は切削加工がやりやすい

    この辺の工作の幅が広がるかなと考えています。が
    普通に新品の機器?を買うと 30万~50万コースになるので(汗
    素人の小遣い範囲だと 修理前提かメンテ前提で考えています。
    m(_ _)m

    • 40chousennsya より:

      新品は30万〜50万ですかーー!!
      ツライですね…。

      進展あれば,またいつでもコメントお待ちしております。

      他の記事でも気になったことがあれば遠慮なくコメントください。よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。