書評

【書評】儚い羊たちの祝宴【ネタバレなし】最後の一行で脳髄が痺れる短編集

【書評】儚い羊たちの祝宴【ネタバレなし】最後の一行で脳髄が痺れる短編集

 

おもしろいミステリ小説が読みたい!

けど分厚い長編はちょっと…。

溶接工
溶接工

それなら米沢穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」が超おすすめ。

最後の1行で脳髄が痺れるはず!

米澤穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」は5編の短編集。

各短編の最後の1行で全てひっくり返る大どんでん返しのミステリ小説。

収録されている5編の短編は,いずれも浮世離れした貴族の視点から書かれている。

最後の1行でどんでん返しがあるとわかっていても驚く結末。

日本推理作家協会賞,山本周五郎賞など数々の受賞歴がある米澤穂信さんの中でも最高傑作との呼び声も高い「儚い羊たちの祝宴」は,きっとあなたの想像した結末を超えていくだろう。

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事は「儚い羊たちの祝宴」を読んでの感想。

儚い羊たちの祝宴 あらすじ・総合評価

あらすじ

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

収録されている5編の短編は,いずれも浮世離れした貴族の視点から書かれている。

上記のあらすじは最初の短編「身内に不幸がありまして」のあらすじ。

「儚い羊たちの祝宴」には5編の短編が収録されているが「バベルの会」でゆる〜くつながっている。

各短編共に最後の1行にどんでん返しが待っている。

 

総合評価

星は4つ。

・最後の1行でのどんでん返しに鳥肌がたつこと。

・設定を可能にさせる「貴族」の考えに嫌悪感がわくこと。

・時間を忘れさせるおもしろさがあること。

以上の3点で星は4つとした。

「貴族」の考えについていけない点以外は楽しめた。

だからこそ,このミステリ小説は成り立つんだけど…。

とにかくおもしろくて時間を忘れる。

途中で読むことをやめることができない。

他人の日記を盗み見る感覚でグイグイ最後まで読んでしまう。

脳髄が痺れる感覚を味わうには最高のミステリ小説。

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

儚い羊たちの祝宴のここが良かった!

儚い羊たちの祝宴の良かった点は,

  1. 最後の1行でのどんでん返し
  2. 設定を可能にさせる貴族視点
  3. 時間を忘れるおもしろさ

 

最後の1行でのどんでん返し

ここまで最後の1行にどんでん返しがあります!と宣伝している小説も珍しい。

大概そういう小説は最後のどんでん返しが期待外れでガッカリすることが多い。

しかし「儚い羊たちの祝宴」は違う。

物語のおもしろさにグイグイ引き込まれ,結末のことを忘れかけた頃にガツンとくる。

あーーーやられた。

怖っ…。

この感覚を味わって欲しい。

ちなみに俺が一番好きな終わり方は,最初の短編「身内に不幸がありまして」の終わり方。

うん…やられた。

 

設定を可能にさせる貴族視点

収録されている5編の短編は,いずれも浮世離れした貴族の視点から書かれている。

上級国民でこそできる設定で「使用人」「お嬢様」「当主」などの語り口で物語は進んでいく。

貴族の生活・考えを覗く感覚でちょっと客観的に俯瞰で楽しめるのも良かった。

 

時間を忘れるおもしろさ

この小説の紹介は次の言葉でいいと思う。

溶接工
溶接工

とにかくおもしろい。

他人の日記を盗み見る感覚,貴族の生活・考えを覗く感覚が新鮮で好奇心が刺激される。

この手記は誰にも見られてはなりません。もし見られたら,わたしはとても生きてはいられないでしょう。

「身内に不幸がありまして」の<村里夕日の手記>より引用

この書き出しで次の文章を読まずにいれる人が,どれぐらい世の中に存在するだろうか。

ほとんどの人が,好奇心Maxで次の文章へ読み進めると思う。

それが最後の1行まで続く。

時間を忘れること間違いなし。

 

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

儚い羊たちの祝宴で印象に残ったセリフ・シーン

「儚い羊たちの祝宴」には5編の短編が収録されているが,俺が一番好きなのは最初の短編「身内に不幸がありまして」だ。

その中でも印象に残ったのは「当然ラスト」なのだがネタバレになるので,ここでは「身内に不幸がありまして」のおもしろさについて書こうと思う。

「身内に不幸がありまして」のおもしろかった点は,

・伏線回収の素晴らしさ

につきると思う。

最後の1行で伏線を全て回収し読者をあっと言わせる。

この手記は誰にも見られてはなりません。もし見られたら,わたしはとても生きてはいられないでしょう。

「身内に不幸がありまして」の<村里夕日の手記>より引用

から始まる伏線。

読み終わったら読み返すこと必須。

見事に全ての文章が伏線になっている。

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

儚い羊たちの祝宴はこんな人におすすめ!

  1. ジトッとした汗を読後感じたい人
  2. ハッピーエンドが嫌いな人

「儚い羊たちの祝宴」に収録されている,どの短編を読んでも読後のブラック感は拭えない。

引きつるような,ドーンと重い感覚。

あっコッチか…って感じで裏切られる感覚。

そんなミステリ小説を探しているなら「儚い羊たちの祝宴」はおすすめ。

最後の1行で耳鳴りに似た脳髄が痺れる感覚を味わうことができるだろう。

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

儚い羊たちの祝宴:まとめ

まとめ

日本推理作家協会賞,山本周五郎賞など数々の受賞歴がある米澤穂信さんの中でも最高傑作との呼び声も高い「儚い羊たちの祝宴」は,きっとあなたの想像した結末を超えていくだろう。

created by Rinker
¥544
(2020/10/20 09:22:37時点 Amazon調べ-詳細)

他の米澤穂信さんの作品はコチラ

日本推理作家協会賞受賞作品

created by Rinker
¥682
(2020/10/20 09:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥682
(2020/10/20 09:22:39時点 Amazon調べ-詳細)

ロンドンから出帆し、北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナは、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編!第64回日本推理作家協会賞受賞作。

山本周五郎賞受賞作品

created by Rinker
¥781
(2020/10/20 09:22:39時点 Amazon調べ-詳細)

死にたい人たちのあいだで、随分評判らしいのよ。

磨かれた文体と冴えわたる技巧。この短篇集は、もはや完璧としか言いようがない――。驚異のミステリー3冠を制覇した名作。

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

角川学園小説大賞奨励賞受賞作品

created by Rinker
KADOKAWA
¥572
(2020/10/20 09:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。