★★★★★

【正史】スタートレック:ピカード「予備知識と感想」Amazonプライムで無料独占配信中

Contents

【正史】スタートレック:ピカード「予備知識と感想」Amazonプライムで無料独占配信中

 

今回紹介する「スタートレック:ピカード」は,映画『ネメシス/S.T.X』の18年後の24世紀末を舞台とし、ストーリーラインは『ネメシス/S.T.X.』以後ピカード艦長が退役し静かな生活を送っている所から始まる。

スタートレックにはタイムライン(年表)がいくつかあり「スタートレック:ピカード」は【正史】と呼ばれるプライム・タイムラインでの出来事。

スターウォーズは好きだがスタートレックは食わず嫌いで興味がなかったのだが,Amazonプライムでの独占配信ということと米国本国の放送から24時間以内に日本語(吹き替え版/字幕版)で視聴でき2020年1月23日〜10話で構成される最新TVドラマということで鑑賞することにした。

Amazonプライム会員は30日間無料Amazonプライムを試す

「スタートレック:ピカード」を視聴するスタートレック:ピカード

「ネメシス/S.T.X.」を視聴するネメシス/S.T.X.

※2020.1.29現在スタートレック劇場シリーズ(13本)は全てAmazonプライムで無料視聴可能!

 

「スタートレック:ピカード」の予告編はコチラ※英語音声なので注意

 

「スタートレック:ピカード」1話「追憶」を観終わってこんなツイートをした。

いやーーーおもしろくてあっと言う間だった。

スタートレックを今まで食わず嫌いだったことが自分で恥ずかしい。

映像クオリティがTVドラマとは思えないほど映画並みだし,ストーリーもグイグイ引き込まれる。

スタートレックにアクションを期待していなかったけどアクションだらけで時間が経つのがあっと言う間。

もっといろんな人に「スタートレック:ピカード」のおもしろさを広めるために感想と「スタートレック:ピカード」を楽しむための予備知識を記事にしたので最後まで読んでみて欲しい。

 

スタートレック:ピカード」はAmazonプライム会員なら無料で鑑賞することができるので興味があれば楽しんで欲しい。

Amazonプライム会員じゃなくても30日間は無料!

「スタートレック:ピカード」を楽しむための予備知識【勉強中】

「スタートレック:ピカード」を観たことでスタートレックについてもっと知りたくなった。

勉強中ではあるが「スタートレック:ピカード」を楽しむためにスタートレックに関する知識を紹介したい。

スタートレックとは?

『スタートレック』(英: Star Trek)とは、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。

1966年の放映開始以来、7本のテレビドラマシリーズ、1本のテレビアニメ、13本の劇場版が制作されており、ハードSF的なものからコメディー、スペースオペラ的なものまで、様々な話がある。

スタートレック:ピカードとは?

『スタートレック:ピカード』(英: Star Trek: Picard)はCBS All Accessで配信されるアメリカ合衆国のSFドラマシリーズ。

日本ではAmazonプライムの独占配信スタートレック:ピカード

『スタートレック』シリーズでは7作目のテレビドラマシリーズであり、ジャン=リュック・ピカードを中心に描く。

映画『ネメシス/S.T.X』の18年後の24世紀末を舞台とし、ストーリーラインは『ネメシス/S.T.X.』以後の話。

ピカード艦長は退役している設定。

エンタープライズ号とは?

正式名称はU.S.S.エンタープライズ(英: U.S.S. Enterprise)。

『スタートレック』シリーズに登場する架空の恒星間宇宙船のこと。

「U.S.S.」とは「United Federation of Planets Starship」(惑星連邦宇宙艦)の略。

 

ピカード艦長とは?

ジャン・リュック・ピカード(パトリック・スチュワート)は引退した惑星連邦宇宙艦隊提督。

エンタープライズDおよびエンタープライズEの元艦長。

退役後フランスのシャトー・ピカードでワインを作っている。

【正史】プライムタイムラインとは?

スタートレックには3つの時間軸がありそれぞれの時間軸で設定が異なる。

・プライムタイムライン・・・テレビドラマ・テレビアニメとその劇場版が舞台としている宇宙。

・ケルヴィンタイムライン・・・劇場版第11作から劇場版第13作までが舞台とする平行宇宙。

・鏡像宇宙・・・プライム・タイムラインと対になっており、同じ名前の人物や組織が存在しているが、その性格や性質は大きく異なる。

「スタートレック:ピカード」は【正史】と呼ばれるプライムタイムライン。

「スタートレック:ピカード」を楽しむために観る前に視聴したほうがいい作品とは?

映画『ネメシス/S.T.X』の18年後の24世紀末を舞台とし、ストーリーラインは『ネメシス/S.T.X.』でのデータの死に影響されることから劇場版10作目に当たる「ネメシス/S.T.X.」を観ておくと楽しめるはず。

「ネメシス/S.T.X.」をAmazonプライムで無料視聴するネメシス/S.T.X.

バルカン人・ロミュラン人とは?

バルカン人

人間と似た姿をしており,とがった耳と真っ直ぐな眉毛で見分けがつく。

血の色は緑。

200年以上生きる。

地球人と初めてコンタクトしたのもバルカン人。

有名なスポックはバルカン人と地球人のハーフ。

 

ロミュラン人

大昔にバルカン人から別れた種族。

ロミュラン帝国という強力な星間帝国を築いていたが,超新星爆発により発生した衝撃波の直撃で惑星ロミュラスが消滅。

人類を含む惑星連邦とも対立している。

ボーグとは?

ボーグは、「同化」と呼ばれる強制的なサイボーグ化により、自組織へと他のヒューマノイド(人間)を取り込もうとする存在。

ボーグは「同化」という特殊な方法で仲間を増やす事が出来る。

「同化」とはヒューマノイド生命体の体内に、ドローンが「ナノプローブ」という極小機械(ナノマシンの超進化版)を注入する方法。

「同化」をする理由は、非の打ち所のない完全なる生命体を目指しているから。

ボーグ宇宙船は立方体型をボーグ・キューブ、球状体型をボーグ・スフィアと呼ばれ、様々な星の知的生命体を「同化」して、その科学技術を吸収する事で自己進化を推し進めている。

ボーグの技術力は異星人の中でもずば抜けて高度なもの。

正面決戦でボーグに打ち勝つのは極めて困難。

 

クリンゴンとは?

クリンゴンは帝国制を敷く封建的国家。

その国家に住むのをクリンゴン人と呼ぶ。

クリンゴン人は好戦的な戦闘種族でたびたびスタートレックシリーズに敵として登場する。

 

惑星連邦とは?

地球人やバルカン人、アンドリア人などが中心となり、2161年に成立した組織。

惑星連邦に加盟していない異星人文明もある(クリンゴン、ロミュランとか)。

地球に本部がある。

 

Amazonプライム会員は30日間無料Amazonプライムを試す

「スタートレック:ピカード」を視聴するスタートレック:ピカード

「ネメシス/S.T.X.」を視聴するネメシス/S.T.X.

※2020.1.29現在スタートレック劇場シリーズ(13本)は全てAmazonプライムで無料視聴可能!

「スタートレック:ピカード」感想

スタートレック ピカード エピソード1:「追憶」あらすじと感想

あらすじ

24世紀末。

ピカード提督は引退してフランスのシャトー・ピカードにロミュラン人および愛犬”ナンバーワン”と共に暮らし、たびたびアンドロイドである「データ」の夢を見る。

そこへ謎の女性が現れて助けを求める。

ピカードの過去に関係があるらしい。

スタートレック ピカード エピソード1「追憶」感想

スタートレックシリーズをずっと観ている人には当然なのかもしれないが,初見の俺はまず映像のクオリティに驚かされた。

まるで映画を観ているみたいに映像が豪華(お金かかってそう)。

アクションシーンもしっかり作り込まれていて見応えがある。

完全にスタートレックをナメていた。

※これよりネタバレ感想なので未見の人は注意。

 

 

エピソード1は死んだはずのデータ少佐とのポーカーっぽい(5カード??)ゲームの追憶の夢で始まる。

引退したピカードはロミュラン人と愛犬ナンバーワンとフランスのシャトー・ピカードでワイン作りをしている設定。

引退した理由はTVインタビューにて明らかにされる。

それは人工生命暴走による火星壊滅を理由にして宇宙艦隊が超新星爆発に見舞われたロミュラン人救出活動をやめたため。

ピカードはロミュラン人を見捨てたことは犯罪で抗議の意味で艦隊をやめたらしい。

このTVインタビューで女性のインタビュアーがロミュラン人救出劇を「ピラミッド建設」に例えるがピカードは「ダンケルク」に例え直す。

ダンケルクの戦いとは?

ダンケルクの戦いは、第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘のこと。

追い詰められた英仏軍は、この戦闘でドイツ軍の攻勢を防ぎながら、すべてを動員して、イギリス本国(グレートブリテン島)に向けて40万人の将兵を脱出させる作戦(ダイナモ作戦)を実行した。

 

関連映画

クリストファー・ノーラン監督「ダンケルク←オススメ

ジョーライト監督「ウィンストン・チャーチル

このロミュラン人救出作戦はピカードにかなりのトラウマを与え今も罪悪感によって悪夢を見ていることが明らかに。

人工生命による火星壊滅の謎はこれからのエピソードで明かされていくことになりそう。

このTVインタビューでピカードの思慮深さ・人情味・人間性などがよく分かる。

インタビュアーの質問に感情的になったり思いを馳せたり。

「スタートレック:ピカード」にグッと引き込まれる名インタビューだった。

 

場面は変わりシャトーピカードへ。

この時ベランダで愛犬のナンバーワンとくつろぎながらピカードが言った名言は,シェイクスピアの名言。

No legacy is so rich as honesty.(正直さほど価値ある遺産はない)

宇宙艦隊の艦長ほどの人物でも結局は何も得るものが無かったということなのか,遺産(お金)なんて意味がなく人間として正しいことをするのが大事と言う意味なのか,はたまた全然違う意味なのか分からないが徐々にエピソードが進むにつれて明らかになっていくのかもしれない。

そこに恋人を殺され何かが起動した女「ダージ」が登場。

手厚くもてなされるが朝には消える。

せっかく来たのに消えるんかいって感じだが,ピカードはまたデータ少佐の夢にうなされる。

データ少佐の絵の正体を突き止めに宇宙艦隊記録保管所へ。

そこで見たのはデータが描いていた絵の正体,題名「娘」。

訪ねてきたダージと顔がそっくりな絵だった。

溶接工
溶接工
グイグイサスペンス的な演出で引き込まれる。

宇宙艦隊記録保管所前でピカードとダージが再会するが,何かに追われて戦闘へ。

この戦闘シーンがかなり凄い作り込み。

柔術の技やプロレスのバックドロップなど色々な格闘技のエッセンスを取り入れてありジャッキーチェンばりのアクション。

この戦闘によって毒キリのようなものでダージは殺されてしまう。

溶接工
溶接工
いらん戦闘せんでも最初から毒キリで良かったのでは??

ピカードは沖縄にあるデイストローム研究所へ。

ちなみにデイストローム研究所の巨大液晶モニターには日本語の表記があってちょっと嬉しかった。

デイストローム研究所でわかったことは「ダージ」は双子でブルース・マドックス博士の創作らしいこと。

現在ブルース・マドックス博士は行方不明らしい。

ブルース・マドックス博士とは?

TNG第2シーズン35話「人間の条件」(データの人権を論じた裁判)に登場。

ロミュラン再生施設でダージと双子である「ソージ」と「ナレク」の会話でエピソード1終了。

まだまだ謎な部分が多すぎで物語はこれからだが早く続きを見たくなるクオリティ。

週末の楽しみが一つ増えた。

 

スタートレック ピカード エピソード2:「星図と伝説」あらすじと感想

あらすじ

ピカードはダージの謎について捜査を始める。

宇宙艦隊に協力を求めるが拒否される。

ジュラティ博士からダージの経歴が架空のものであることを知らされ、宇宙に出るために疎遠になっていたラフィに助けを求める。

 

スタートレック ピカード エピソード2:「星図と伝説」感想

エピソード2は謎が謎を呼ぶ展開に。

エピソード2で分かったことまとめ

・2385年の火星における人工生命暴走シーンはF8というシンスが発端だったこと。

・ダージは架空の存在!?ブルース・マドックス博士による創作品と思われること。

・ロミュラン人は人工生命を嫌い,秘密警察タルシアーの中の組織ジャット・ヴァッシュにダージを襲わせた可能性があること。

・ピカードは頭頂葉に重大な疾病があること。

・ダージの双子である「ソージ」はボーグキューブにいること。

・リゾー大尉とナレクは姉弟の関係であること。

展開が早くあっと言う間に終わった。

もったいぶらせた演出がないのもいい。

ピカード元艦長は宇宙へダージの双子「ソージ」を探しに行きたがるが,あっさりクランシー最高司令官に拒否されてるのは笑った。

ここまでスパッとに断られるなんて….。

エピソード2では,2385年火星における人工生命による暴走の開始シーンも詳細に描かれている。

F8と呼ばれるシンス(人工生命)が暴走したのが発端となったのが明らかに。

何故暴走したのかは不明のまま。

ピカードが頭頂葉に重病があるのも明らかに。

命は長くないニュアンスだったがどうなるのか…。

ピカードシーズン2も早々と決定しているので死ぬことはないと思うが気になる。

エピソード1「追憶」の最後で「ナレク」と「ソージ」が出会っていたが,もう寝てるのには展開速っ!て感じだった。

溶接工
溶接工

イケメンって展開早いから羨ましい…。

ナレクはロミュラン人のオウ准将の部下で人類に偽装したロミュラン人のリゾー大尉の弟←ややこしい…。

かなりプレッシャーをかけられ他の人工生命の居場所を聞き出すよう命じられる。

失敗すれば消される。

エピソード3以降はピカードが宇宙へ行く展開が予想される。

かなり宇宙から遠ざかっていたピカードがどんな活躍をするのか楽しみだ。

 

スタートレック ピカード エピソード3:「終わりの始まり」あらすじと感想

あらすじ

ソージは最高責任者に注目される。

ピカードはラフィに協力を求めリオスというパイロットを紹介してもらう。

ついにピカードは船・協力者を手に入れ宇宙へ!

 

スタートレック ピカード エピソード3:「終わりの始まり」感想

エピソード3はこれまでの謎が徐々に明らかにされる。

エピソード3で分かったことまとめ

・14年前の2385年にピカードはロミュラン人救出案を自身の辞職と天秤にかけるが,ピカードの最後の賭けはむなしく却下され辞職に追い込まれてしまった。ラフィもクビになりピカードのことをよく思っていない。

・ソージはボーグ再生プロジェクト責任者に認められ,ロミュラン人の古代神話の専門家ラムダとの面会へ行き「お前を知っている」と言われる。セブ=チェネブ(破壊者)と言われ狙われていることが判明。

・艦隊の高官が救出を妨害(何かを隠蔽するため)するために火星の襲撃を容認したこと。

・リオスは元艦隊の人間で重巡洋艦(イブン・マージド)の副長。過去に英雄の艦長に仕えていたっぽいが嫌な思い出となっていること。

・オウ准将は艦隊の保安部長でバルカン人←裏で糸を引いている。

・ブルース・マドックス博士はフリークラウドという場所にいるらしいこと。

エピソード3は徐々に謎が明かされていく感じがおもしろかった。

ソージも「破壊者」ということでロミュランの秘密警察ジャッドバッシュに襲われる理由も判明したし,ピカードの艦隊を辞職した理由も判明,ブルース・マドックス博士の居場所も。

宇宙艦隊内部の内通者との関係もどうなっていくのか楽しみだ。

ピカードと暮らすロミュラン人のラリスとジャバンがむちゃくちゃ強いことにも驚いた。

ジャッドバッシュをあっさりと片付け捕虜に。

溶接工
溶接工

強いなラリスとジャバン!

相変わらず毒キリ吐くタイミング間違えてるけどね。

と色々判明したエピソード3なのだが,何よりパトリック・スチュワートの演技が素晴らしい。

冒頭でのラフィとのやりとり,リオスや捕らえたジャッドバッシュとの会話での表情がなんとも言えない表現力だった。

ちなみにピカード協力者リオスが読んでいた本はスペイン・ビルバオ出身の哲学者、著作家、詩人、劇作家のミゲル・デ・ウナムーノによる本「生の悲劇的感情」。

ミゲル・デ・ウナムーノは,「私とは何者であるか」「死後の私はどうなるか」の2点に強い関心を持っていた作家らしいのでリオスの行動とリンクしてきそう。

created by Rinker
法政大学出版局
¥8,910
(2020/05/29 21:28:13時点 Amazon調べ-詳細)

エピソード4からはいよいよ宇宙での話となりそうで興味津々。

ピカードが船長椅子にあえて座らない演出も良く,上下関係がない旅が楽しめそう。

スタートレック ピカード エピソード4:「無垢なる自己」あらすじと感想

あらすじ

ピカードはロミュラン人避難民の住む惑星ヴァシュティへ寄り道(14年前にロミュラン人を移住させた場所)する。

そこでエレノアと再会,仲間に。

ソージとナレクの関係は微妙に。

スタートレック ピカード エピソード4:「無垢なる自己」感想

 

エピソード4で分かったことまとめ

・14年前の2385年にピカードはロミュラン人を惑星ヴァシュティに避難させた。

・ロミュラン人の組織クワト・ミラットはタル・シアーも恐れている。

・修道女クワト・ミラットのザニに育てられピカードにも小さい時から良くしてもらった孤児エルノアは剣の達人←あっさり仲間に。

・ピカードが乗った船をカーカンター(武装勢力)バード・オブ・プレイ(船)からセブンオブナイン(連絡将校的役割でクルーの中でも個人としての能力はもっとも高い)が救った。

エピソード4はストーリーはそんなに進まないが,重要人物が増えてきて今後の活躍が期待できる。

・孤児のエレノア

・修道女クワト・ミラットのザニ

・セブンオブナイン

中でもエラノアが暴走しそうでピカードを困らせそう。

もうすでにロミュランで暴れ1人を抹殺したし。

最後に登場したセブンオブナインと言われる女性はTVシリーズ「スタートレック:ヴォイジャー」に登場するクルーの1人。

特殊能力を持ち能力も高い人物なのでこれから活躍しそう。

ナレクは姉のリゾー大尉からソージのことについて決着をつけろとプレッシャーをかけられたのでどうなるか見もの。

リゾー大尉を裏切りそうだけど…。

来週はフリークラウドに進入できるのかな??

早く続きが見たい!

 

スタートレック ピカード エピソード5:「スターダスト・シティ・ラグ」あらすじと感想

あらすじ

ピカードたちはブルース・マドックス博士がいるフリークラウドへ。

マドックス博士は窮地に陥っており,セブンオブナインとピカードは救出作戦を練る。

スタートレック ピカード エピソード5「スターダスト・シティ・ラグ」感想

エピソード5で分かったことまとめ

・2386年に「元ボーグのイチェブ」は「ブジェイゼル」に生きながらボーグ部品を摘出された。「セブンオブナイン」が助けに行ったが間に合わず「イチェブ」を泣く泣く安楽死させた。それ以来「ブジェイゼル」に復讐をしたかった。

・「セブンオブナイン」がピカードを「バードオブプレイ」から助けたのは困った人や助けてもらえない人の味方のため。

・2399年マドックス博士は「セブンオブナイン」の敵「ブジェイゼル」に捕らえられていた。

・マドックス博士はピカードに、人工生命禁止の真相を探るためにダージとソージをそれぞれ地球と再生キューブに送ったことを打ち明ける。

・アグネス博士とマドックス博士はかつては恋人だった。

・ラフィは息子と思想の違いから疎遠になっていた。

話が段々それぞれのキャラクターを掘り下げ始めややこしくなってきた。

溶接工
溶接工
ついてきてますか皆さん??

エピソード5はブルース・マドックス博士を取り戻す話がメイン。

そこに「セブンオブナイン」の復讐劇をからめるから話がややこしい笑

なんだかんだで「セブンオブナイン」は復讐を果たしたし(ピカードを騙したけど…),マドックス博士は取り戻した。

しかし伏兵が…。

なんとアグネス博士がマドックス博士を殺害した!

これにはビックリ。

医者のホログラム(EMH)にバッチリ現場見られてるのでこれからどうするのか疑問…。

殺した理由は来週以降に明らかになるだろう。

あとはラフィが船を離れ息子(あんた子供いたんかい!)と再会し生活を共にしようとするが,火星攻撃の原因と思っているロミュラン人と息子が結婚することに。

息子はラフィの推測や行動をよく思っておらずケンカ別れに。

結局ラフィは船に戻ってくる笑

いつかは誤解が解けるといいのだが…。

エピソード5はピカードのコスプレも見所。

キャプテンハーロック(古っ)みたいな格好で悪役を演じ違和感ありあり笑

笑いあり,涙あり,衝撃の展開ありとなかなかおもしろかった回だった。

 

スタートレック ピカード エピソード6:「不可能の箱」あらすじと感想

あらすじ

ピカードがロミュラン領のボーグ・キューブへ。

ソージはナレクとともにロミュラン式瞑想を行い悪夢の分析をする。

スタートレック ピカード エピソード6「不可能の箱」感想

エピソード6で分かったことまとめ

・アグネス博士はマドックス博士が怪我の重症のため死んだとピカードに嘘をついた。

・ソージが作られたのは37ヶ月前(約3年前)ということが発覚した。

・ナレクはロミュラン式瞑想法「ジャルマク」を用いてソージの記憶を蘇らせ、その故郷では2つの赤い月と雷が見えることを知る。

・ソージはナレクに放射能で殺害されかけ能力が起動する。

ピカードがボーグキューブ内へソージを探しにいくためにラフィを利用し,惑星連邦の許可を得る。

ピカード本人が話した方が早かったような…。

ナレクはソージと組んで姉のリゾー大尉を裏切るのかと思ったけど,きっちりソージの故郷を探り出すことに成功。

用済みのソージを殺害しようとするが逆効果で能力を起動させてしまう。

床をパンチでブチ破る起動後のソージの動きはコミカルで怖かった…。

起動後のソージとピカードはボーグキューブで出会い,ボーグクィーンの緊急脱出用の投射装置(spatial trajector)でボーグキューブから脱出し惑星ネペンテに向かう。

エレノアが追ってくるロミュランを押さえ込むことに。

なんで一緒に行かなかったんだろエレノア…。

戦いたかったのか,ヒューを助けたかったのかは謎。

アグネス博士はなんでマドックス博士を殺したかは謎のまま。

船長リオスとも恋仲になりそうで,全くアグネス博士の意図が読めない。

ピカードはアグネス博士のことを全く怪しんでいないだろうから,次回以降アグネス博士から目が離せない展開となりそうだ。

EP7では起動したソージ&ピカードの活躍が楽しみだ。

 

スタートレック ピカード エピソード7:「ネペンテ」あらすじと感想

あらすじ

ピカードとソージはネペンテに着き、準現役士官となっているライカー、ディアナ夫妻と二人の娘ケストラに会う。

ボーグキューブに残ったエレノアは窮地に。

ラフィ,リオス,アグネス博士はナレクを巻いてピカード,ソージを拾うことに成功する。

スタートレック ピカード エピソード7「ネペンテ」感想

エピソード7で分かったことまとめ

・アグネス博士はオウ准将に操られていた。追跡元素も飲まされていた。

・昔一緒に戦ったライカー、ディアナはネペンテで娘ケストラと共に暮らしていた。

ツイートした通りEP7はストーリー的にはほぼ進んでない笑

アグネス博士の行動の謎は解けたので納得できたけど。

溶接工
溶接工

ロミュランに操られたのね…。

アグネス博士は体内の追跡元素を無効化するために毒性化学物質を注射。

昏睡状態になってしまう。

今まで全く活躍してないだけにこれからに期待。

ピカードはソージの信頼を徐々に得ていくことに成功する。

ソージも自分がアンドロイドということを受け入れ始めている。

久しぶりにライカーが登場。

溶接工
溶接工

むっちゃ太ってるやん…。

時の流れは怖いものだ。

ボーグキューブに残ったエレノアは窮地に。

ヒューもあっさり殺されなす術なし。

挙げ句の果てにはフェンリス・レンジャーにSOS信号を発信。

溶接工
溶接工

いろんな人の仕事増やす奴だな笑エレノア。

EP7は休憩回って感じでストーリーに厚みを持たせるって感じの回だった。

次回はソージの故郷で何か起こるのか,向かう途中で何か起こるのかいずれにせよ楽しみだ。

 

スタートレック ピカード エピソード8:「真実の断片」あらすじと感想

あらすじ

2385年、8重連星系の惑星アイアで、オウ准将は「記憶の保管庫」にアクセスし、人工生命による破滅の歴史を見る。そのことによりオウは火星襲撃を決断する。

ピカード達はDS12に向かっていたが,急遽ソージの故郷へ向かう。

ボーグキューブで窮地に立たされたエレノアだったがセブンに助けられる。

スタートレック ピカード エピソード8「真実の断片」感想

エピソード8で分かったことまとめ

・2385年、8重連星系の惑星アイアで、オウはナリッサ、その叔母ラムダを含むジャット・ヴァッシュの女性たちを率いて古代種族の「記憶の保管庫」にアクセスし、人工生命による破滅の歴史を見る。多くが発狂し自殺する中、オウは火星襲撃を決断する。

・アグネス博士がオウ准将に操られていたことを告白。

・リオスの尊敬していたアロンゾ・ヴァンダミア艦長が「ジャナ」と「花」を人工生命と認めて殺し、自殺したことを語る。

・セブンはボーグ・キューブを再稼働。

EP8では場面がコロコロ変わる各所同時進行でストーリーが進められていく。

最も重要なのは,火星襲撃の理由が判明したこと。

オウ准将が黒幕で人工生命の分岐点でシンスを破滅させようと企んだことだった。

溶接工
溶接工

オウ准将は艦隊の保安部長ってのがやっかい…。

リオスの黒歴史も明らかになる。

アロンゾ・ヴァンダミア艦長もたぶんオウ准将に操られていたのだろう。

溶接工
溶接工

「花」と呼ばれる人工生命の存在が気になる。

エレノアの窮地を救ったのはセブン。

ボーグ・キューブを再稼働しナリッサから救う。

溶接工
溶接工

集合体と接続ってセブンってなんでもできる設定やな…。

ナリッサはボーグキューブを脱出しソージの故郷へ。

ナレクもソージの故郷へ。

ピカード達もソージの故郷へ。

ついに全員がソージの故郷に集合する。

最終回に向けて楽しみが増す回だった。

 

スタートレック ピカード エピソード9:「理想郷(前編)」あらすじと感想

あらすじ

全員がソージの故郷「コッペリウス」に到着。ランに無効化され地上へ。

ピカードは不治の病に犯されていることを仲間に打ち明ける。

再生キューブでセブン,エルノアと再会。

ソージの故郷のコッペリウス拠点へ。

スタートレック ピカード エピソード9「理想郷(前編)」感想

エピソード9で分かったことまとめ

・ソージの故郷はグリオン星系第4惑星「コッペリウス」

・ロミュランもナレクから情報提供され「コッペリウス」に艦隊を派遣。

・ランの花は15基あった。

・「データ少佐」を作ったのはヌニエン・スン。現在は息子であるオルタン・スンがブルース・マドックスとともに人工生命に関する作業をしている。

・リオスは猫が嫌い

ついにクライマックス。

ソージの故郷「コッペリウス」でストーリーは展開する。

まず,ランの花!?が強すぎる。

詳しい説明はないけど,数あれば無敵なような…。

再生キューブもあっさりと陥落させるし。

肝心のストーリーは,ソージの色違い(笑)のスートラが有機生命を絶滅させた古代種族の記憶をアグネス博士と精神融合し体験、高度な人工生命と連絡して有機生命(連邦,ロミュラン)と戦おうとするって話。

なのでピカード達も人工生命にとっては敵になるってこと。

話は一気に単純になり,人工生命VS有機生命という構図に。

ピカードは拘束されることに(ソージ&アグネスのピカード演説後裏切りも笑ったけど…。)

・ピカードの寿命が最終回でどうなるか?

・高度な人工生命は,はたして登場するのか?

・ロミュラン艦隊と衝突するのか?

などが最終回での見所。

 

スタートレック ピカード エピソード10:「理想郷(後編)」あらすじと感想

あらすじ

ナレク、リオス,ラフィ,エルノアで,高度な人工生命を呼ぶためのビーコンを破壊しようとする。

アグネスとピカードでタル・シアー艦隊の対応。

はたして結末は…。

スタートレック ピカード エピソード10「理想郷(後編)」感想

ピカードの最終回。

結論から言えば,おもしろかった。

ピカードの死んで復活もお約束だし,結構雑に話がまとまっていたけどエンターテイメントとしては成り立っている。

個人的にはライカーが連邦艦隊を率いて登場したのは胸熱ポイント。

ロミュランとの空中戦も観てみたかったけど…。

人工生命も無事,ピカードも無事,仲間達も無事,ロミュランも無事。

 

アグネスの罪は?ナレクどこいった?スン博士は?ラフィの息子との関係は?これからどこ行くの?再生キューブはそのまま?

など解決していない問題もある。

ついに最終回を迎えたスタートレックピカードだけどシーズン2も期待できる。

 

シーズン2が始まる前にもう一回全て観直してみよう。

「スタートレック:ピカード」予備知識と感想まとめ

Amazonプライムでの独占配信。

米国本国の放送から24時間以内に日本語(吹き替え版/字幕版)で視聴でき2020年1月23日〜10話で構成される最新TVドラマ。

Amazonプライム会員は30日間無料Amazonプライムを試す

「スタートレック:ピカード」を視聴するスタートレック:ピカード

「ネメシス/S.T.X.」を視聴するネメシス/S.T.X.

※2020.2.1現在スタートレック劇場シリーズ(13本)は全てAmazonプライムで無料視聴可能!

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。