FX投資【トラリピ】

FX【トラリピ】初心者 FXで注意すべきこと ロスカットへのスタンス

FX初心者が注意すべきことはロスカットのみ

 

FX初心者がFX【トラリピ】を始めるにあたって注意すべきことはだた一つロスカットのみ。

 

ロスカットされると大事な資金を失う上にテンションやモチベーションがだだ下がり。勢いでトラリピを設定したことを後悔する羽目になる。

 

そうならないためにもロスカットはトラリピを設定するときに一番重要視するところ。ロスカットへのスタンスを間違わなければ相場が急変しても絶対に慌てることはない。仮想通貨バブルをみてもわかるように無知な投資家は相場の急変に対応できないで損失を出してからリスクに気づく。

 

今回はFX初心者はロスカットへのスタンスを決めようという記事。

 

FX【トラリピ】初心者 ロスカットの種類

【トラリピ】では維持率に基づいて2種類のロスカットが存在する。

・東京15時ロスカット

・自動ロスカット

 

東京15時ロスカットとは?

祝日を含む毎営業日,日本時間15時時点で時価残高に対して維持率が『100%』を下回っていた場合、東京15時ロスカットの対象になる。

【簡単!】トラリピ【ロスカット計算法】と【証拠金維持率の目安】【簡単!】トラリピ【ロスカット計算法】と【証拠金維持率の目安】 本記事の内容は...

 

【トラリピ】では

一定間隔ごとに値洗いし維持率150%を下回っていた場合に、アラートメール(電子メール)を送付してくれる。

 

自動ロスカットとは?

時価残高に対して維持率が『80%』を下回っていた場合、自動ロスカットになる。

 

【トラリピ】では

一定間隔ごとに値洗いし維持率100%を下回っていた場合に、アラートメール(電子メール)を送付してくれる。

 

FX【トラリピ】初心者は東京15時ロスカットを意識する

維持率が100%を切らないこと。

 

初心者はこれに注意してトラリピの設定を管理する。

 

全注文が決済しても維持率が100%を切らないこと。

 

FX【トラリピ】初心者 ロスカットへのスタンス

ロスカットへのスタンスは2種類ある。

 

余剰残高を増やし(入金をし)維持率を上げ評価損がでてもひたすら耐え続けるスタンス

 

ロスカット前にストップロスを設定しリスクを限定するスタンス

俺は前者の余剰残高を増やしひたすら耐えるスタンスを選んだ。

 

理由としては

  1. 相場観がない
  2. 時間的余裕がある

ということ。

 

ストップロスを設定するということは想定レンジを狭くする必要がある。想定レンジを狭くするということは相場観が必要になるし,想定レンジが狭いということはリスクも増す。

 

FX【トラリピ】初心者は余剰資金を多めにし,ひたすら耐えるスタンスをオススメする。

 

デメリットは

長期に資金が固定されるため運用の効率が悪化するということ。

 

レンジ幅を広く取れば取るほど資金は多く必要になるため資金の効率は悪い。リスクは少なくなるがリターンも少ない。初心者の内はそれでもレンジ幅や相場の急変に対応するためにストップロス設定はやめたほうがいい。投入した資金を失うのはかなり痛手だからだ。

 

FX【トラリピ】初心者 らくトラ運用試算表の活用

実際の維持率を確認するには自分が仕掛けているトラリピを

らくトラ運用資産表

に入力し確認する必要がある。

実際俺が仕掛けている設定でらくトラ運用試算表に入力し確認してみた。

入力内容は

通貨ペア:AUD/JPY

売り買い:買い

レンジ幅:70.10〜85.00円

トラップ本数:150本

買い通貨:0.1万通貨

利益金額:800円

運用資産:165万円

とした場合

俺が仕掛けているトラリピが全部成立した場合,維持率は114%となる。ロスカットは維持率が100%を下回った場合なので,100%を下回らないように入金する必要がある。想定するレンジを抜けた場合は追加資金を投入する余裕資金も用意する必要がある。

まとめ

まとめ

ロスカットは2種類 東京15時ロスカットと自動ロスカット。初心者は東京15時ロスカットを意識する。ロスカットへのスタンスとしては評価損をひたすら耐え長期で利益を狙っていくスタンスを取るのをオススメする。

 

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。