溶接

Tig溶接 アルゴンガスの基礎知識。

そもそもアルゴンって何?

 

ブログをしていると,

いかに自分が何も知らないかがわかる。

 

Tig溶接について調べている時に,ふと

アルゴンのこともよく知らないなと思い,

色々調べてみた。

 

溶接工がアルゴンのことを知らなくてもいいかもしれないが,

知識は意外なところで役に立つ。

飲み会の席かもしれないし,休憩の場かもしれないし,

作業そのもので役に立つこともある。

 

今回はアルゴンについてまとめてみた。

アルゴンの基礎知識。

アルゴン(英: argon)は原子番号 18 の元素で、元素記号は Ar である。原子量は 39.95。周期表において第18族元素(希ガス)かつ第3周期元素に属す。

原子記号なつかしいーー。

「すいへいりーべー」って覚えたやつ。

アルゴンは元素。

 

 

空気の成分の割合

アルゴンは地球大気中に窒素・酸素に次いで3番目に多く含まれている気体で、その容量パーセント濃度は0.93%である。

二酸化炭素よりもアルゴンの割合が多い。

これは意外だった。

 

アルゴンの語源

「アルゴン」という名はギリシャ語で「怠惰な」「不活発な」を意味する「αργον」(アルゴス)という単語に由来する。

アルゴンは化学反応をほとんどおこさない。

何もおこらないって意味でアルゴンって名前になった。

 

あとは,

無色・無味・無臭。

空気より重い。

不燃性。

アルゴンの作り方。

深冷空気分離法により作られる。

アルゴンは、空気をマイナス200℃近い極低温まで冷却し、空気の主成分である窒素、酸素との沸点の差を利用して採り出すことができるため、「空気分離ガス」と呼ばれている。アルゴンは空気中にわずかしか含まれていないため、一般的には大型装置で酸素や窒素を製造する際に、アルゴンを併産することになる。

 

難しい化学反応で作られてると思いきや,

ガス(空気)を圧縮し,冷却することによって

酸素,窒素,アルゴンを分離させ取り出してる。

 

これが一番安全で,効率がいいアルゴンの作り方らしい。

アルゴンボンベ1本(7㎥)でどれぐらいの時間使えるのか?

1本は約7㎥のアルゴンガスが入っている。

 

7㎥=7000ℓ

 

1分間に10ℓ流すとすると

7000ℓ➗10ℓ/分=700分

 

700分➗60分≠約12時間

 

溶接し続けて1日半(作業時間を8時間として)。

 

いろいろなロスタイムをみて2日に1本の割合。

 

アルゴンガスは高価(約1本1万円)なのでガス流量も,

管理する必要がある。

アルゴンボンベの刻印。

アルゴンボンベをまじまじ見ると

いろんな刻印がある。

  1. 容器所有者記号(例:H071)
  2. 充填ガスの種類(例:N2、O2、Ar、CO2等)
  3. 容器記号番号(例:ABC23456)
  4. 内容積(V:単位リットル)
  5. 容器重量(W:単位キログラム)(弁、キャップを含まない)
  6. 耐圧試験圧力(TP:単位MPa(g))
  7. 最高充填圧力(FP:単位MPa(g))

たまには暇な時にでもみてみてほしい。

情報がいっぱい刻印されている。

まとめ

ネットの情報をまとめてみた。

 

アルゴンでも深く知るともっと知りたくなり

いろいろ調べていたらまとめるのに,

時間がかかってしまった。

 

理想は知識豊富な腕がいい溶接工。

 

ちょっとでも近づけた気がする。

 

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。