書評

【書評】自分の中に毒をもて【痛快な言葉だらけ…まさに毒】

【書評】自分の中に毒をもて【痛快な言葉だらけ…まさに毒】

 

 

溶接工
溶接工

いや〜痛快だ…。

日常に閉塞感があるなら,絶対に読んだ方がいい名著。

 

【自分の中に毒をもて】は,「太陽の塔」「芸術は爆発だ!」で有名な芸術家・岡本太郎さんの著書。

亡くなる3年前の1993年に発売された。

 

約30年前に発売された本とは思えない。

フツーに日常を生きている人は,頭をハンマーで殴られた感覚に陥るだろう。

  • なんのために生きているのかわからない…
  • 毎日が苦痛…
  • 好きなことが見つからない…
  • 毎日がフツーでつまらない…

みたいな人には刺さるはず。

 

created by Rinker
¥663
(2021/11/28 23:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

数々の著名人にも影響を与え続けており,マコなり社長さん中田敦彦さんなどはYouTubeで動画を出しているので,本を読むのが苦手な方はそちらをどうぞ。

 

 

本記事は,「自分の中に毒をもて」の【書評】記事。

自分の中に毒をもて 内容・著者紹介

本の内容

created by Rinker
¥663
(2021/11/28 23:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

“才能なんて勝手にしやがれだ” “だめ人間なら、そのマイナスに賭けてみろ”岡本太郎の遺した作品と言葉は、いまでも私たちに鋭く問いかけています。 瞬間を生き抜く、岡本太郎のパッションは、強い力をもって私たちの生命にズシンと響くのです。さあ、あなたも歓喜と驚きに満ちた人生をつかみとってください。

芸術家・岡本太郎のビックリするような考えが至る所に溢れている,情熱的な一冊。

成功テクニック的なことを期待するとガッカリするかもしれない。

 

この本を読んで,こんなツイートをした。

何かを人生で成し遂げたいなら,読んで損はない本。

 

著者紹介 

岡本 太郎(おかもと たろう)

1911年(明治44年)2月26日 – 1996年(平成8年)1月7日)

芸術家

  • 太陽の塔
  • 明日の神話
  • 訣別

など多数。

「自分の中に毒をもて」を読んで上記の写真を見ると,カッコよく見える不思議。

常識・予定調和・忖度・規則・普通・通常なんてクソ!って人。

言うだけじゃなく行動で証明してきた偉人。

 

こんな人だらけになったら,世界はクソおもしろくなるだろうなぁ〜。

「自分の中に毒をもて」の良かった点3つ

自分の中に毒をもての良かった点3つ

  1. 迷ったら「危険な道」を行け!
  2. 「道で仏に逢えば,仏を殺せ」ならぬ…
  3. 結婚が人間を卑小な存在にしている

以上の3点。

深堀していこう。

 

1.迷ったら「危険な道」を行け!

みんな、必ずと言ってよいほど、安全な、間違いない道をとってしまう。それは保身の道だから。その方がモラルだと思っている。ぼくは、ほんとうにうんざりだ。

「危険な道をとる」  いのちを投げ出す気持ちで、自らに誓った。死に対面する以外の生はないのだ。その他の空しい条件は切り捨てよう。そして、運命を爆発させるのだ。

安牌ばっかり切ってたら,人生がつまらないものになる。

失敗してもいいから挑戦してみろ!

という岡本太郎の考えには感銘を受けた。

 

これからの人生の教訓にしたいと思った。

 

平和で予定調和で冒険もなくポケ〜と生きてたって「生」とは言えない。

どん底か,血が煮えたぎるほどの歓喜か。

どちらにしても「生きてる」ことを実感できる。

人生は己との勝負。

失敗の恐怖に打ち勝ち,目の前に全集中。

 

人生の岐路に立った時,平然と「危険な道」を取る男になること。

怖いけど徐々に慣らしていこう。

そもそも失うものなんて俺にはないのだから…。

 

生きる勇気をくれた岡本太郎に感謝。

 

2.「道で仏に逢えば,仏を殺せ」ならぬ…

「道で仏に逢えば仏を殺せ」、と言うが、みなさんが今から何日でもいい、京都の街角に立っていて御覧なさい。仏に出逢えると思いますか。逢えると思う人は手を挙げて下さい」  誰も挙げない。  「逢いっこない。逢えるはずはないんです。では、何に逢うと思いますか」  これにも返事がなかった。坊さんたちはシンとして静まっている。そこでぼくは激しい言葉でぶっつけた。  「出逢うのは己自身なのです。自分自身に対面する。そうしたら、己を殺せ」  会場全体がどよめいた。やがて、ワーッと猛烈な歓声に変わった。

 

不勉強の俺は「道で仏に逢えば,仏を殺せ」すら知らなかったので,意味を調べてみた。

 

臨済宗の開祖・臨済←(要するに偉い坊さん)の言葉で,

「仏に逢うては仏を殺せ。祖に逢うては祖を殺せ。羅漢に逢うては羅漢を殺せ。父母に逢うては父母を殺せ。親眷に逢うては親眷殺せ。始めて解脱を得ん」

というのが全文らしい。

 

要するに,悟りや道を極めようと思ったら「既成概念」や「枠」,「血縁」などにとらわれてはいけないって意味。

 

岡本太郎は「道で仏に逢えば,仏を殺せ」ならぬ…

「己を殺せ!」だから,まず戦うべきは自分自身だろ!と言っている。

 

現在の環境を作り出しているのは,自分自身。

言い訳なんてしてる暇あるなら,とっとと行動せよ!ってことで,グッと背中を押してくれる「己を殺せ!」と言う言葉は胸に刺さった。

 

3.結婚が人間を卑小な存在にしている

結婚が人間を卑小な存在にしている。

結婚によって〝家〟を守るために、しきたり通り子供をつくる。それによって老後の〝保障〟を得ようなどとは、すべて卑しい感じがする。

男と女がむつみあい、子供をつくろうなんて気もなく、その結果としてできてしまった。一カ月も二カ月も経って、「どうやら妊娠したらしいのよ」「じゃあ、産むことにするか」なんていうのが何で創造なんだ。

  • 結婚して初めて一人前
  • 結婚するのが普通
  • 結婚しなければならない
  • ケジメを取る
  • 子供を育てなければならない

とか,

 

ぜん〜ぶ他人が勝手に決めたどーでもいいルールだろ?と,岡本太郎は完全に否定する。

数多くの恋人と付き合いながら,結婚はせず,子供も作らなかった。

 

凄まじいまでの芯の強さ。

既成概念・予定調和をぶっ壊していかなければ「生きてない」。

ルールに縛られるのは,自由な発想を阻害する。

 

一貫性の塊。

「生」に一点集中。

魂の叫びに忠実。

 

これこそ人間だし,芸術家。

激アツ。

 

自分がとても卑しい人間と感じたし,反省した。

もっと正直に自分に向き合って,これからの生涯を生きていこうと切に思った次第であります…。

「自分の中に毒をもて」の印象に残った文

優れた芸術であればあるほど、おていさい、きれいごとの職人芸ではないのだ。「あら、いいわねえ」なんてのは、ほんとうに見つめていない証拠だ。

芸術作品を真剣に見つめれば,不快な感情にもなる。

作り手の意思や魂,叫びみたいなものを感じ取り,感激する。

「あら,いいわね〜」なんて軽い言葉だけで収まるはずがない。

 

モノづくりの端くれとして,全く同感。

 

作り手は人生を賭けて作品を残す。

完成までに数週間,いや数年かかる時もある。

 

作品の裏側まで想像して鑑賞することを心がけたいと思った。

「自分の中に毒をもて」はこんな人におすすめ

  • 毎日に閉塞感がある人
  • 生きる目的を見失っている人
  • 常識が正しいと思ってる人

が読むと頭をハンマーで殴られるような衝撃が走ると思う。

 

岡本太郎の強烈なメッセージで目眩を起こさないように注意。

「自分の中に毒をもて」:まとめ

まとめ
  • 迷ったら危険な道を選べ!
  • とにかく行動せよ!
  • 常識を疑え!

退屈な毎日に気づいたら,また読み返したい。

created by Rinker
¥663
(2021/11/28 23:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。