Airpods

【決定版】AirPodsの汚れは〇〇で落とせ!汚い見た目で損しないように…

【決定版】AirPodsの汚れは〇〇で落とせ!汚い見た目で損しないように…

 

 

溶接工
溶接工
AirPodsの汚れ気になりませんか??

 

俺は比較的神経質なのだが,掃除や片付けはめんどくさがるタイプ。

なのでAirPodsに関しても,あまり掃除や汚れを落とさず使ってきた。

 

しかし,ある時電車の中で他人のAirPodsケースを見てドン引きした。

むちゃくちゃ汚ねぇーーー。

それも結構可愛い清楚系の女の子のAirPodsがむちゃくちゃ汚かったのだ。

 

溶接工
溶接工

AirPodsが汚いと絶対異性にモテない!断言する。

 

すぐさま自分のAirPodsを確認した所,なかなか汚いので掃除してみることに。

試行錯誤の結果,これはなかなか汚れが落ちるぞ!という方法が見つかったので紹介する。

 

※今回汚れを落としたのは,通常のAirPodsだが【Pro】でも同様な結果になる。

AirPodsの汚れ落としに用意するもの

AirPodsの汚れ落としに使用するのは,下記の2つのアイテム。

  • 液晶用クリーナー
  • 歯間ブラシ

この2つのアイテム。

 

AirPodsの汚れを落とすキモとなる部分は,歯間ブラシ

  • 先端が細いこと
  • 汚れを掻き出すこと
  • 汚れをからめとること
  • AirPods本体及びケースを傷をつけないこと

という条件で,AirPodsの掃除用具を探して行き着いた結果。

他の道具でも代用できるかもしれないが,自分にはこれが一番合っていた。

 

液晶用クリーナー

 

汚れがきついときは強力タイプもオススメ!

 

歯間ブラシについてはゴム形状のタイプがオススメ!

AirPodsの汚れを落とす!

汚れが目立つケースから掃除していこう。

まずは液晶クリーナーでザックリと汚れを落とす。

液晶クリーナーだけでもなかなかの落ち具合。

こまめに掃除すれば,そんなに汚れが目立たないのかもしれない。

 

歯間ブラシでケースにこびりついている汚れを落としていく。

いやーーよく汚れが落ちる。

さすがは歯と歯の間の汚れを落とすだけある。

見る見る汚れが落ちていく。

場合によっては,歯間ブラシに液晶クリーナーを巻いて使っても良さそうだ。

 

次はAirPods本体。

スピーカー部に汚れがたまっている。

ケース同様に液晶クリーナーでザックリ拭いた後,歯間ブラシで汚れを落としていく。

OK,OK。(写真撮影のためにAirPods本体は持っていないが,実際は片手でAirPodsを持ち歯間ブラシでゴシゴシ擦る感じ)

「汚れ落とし」って,やってみると気持ちのいいことに気づく。

完成!

むちゃくちゃ綺麗になった。

 

液晶用クリーナー

 

汚れがきついときは強力タイプもオススメ!

 

歯間ブラシについてはゴム形状のタイプがオススメ!

AirPodsの汚れ落としの注意点

今回紹介した汚れの落とし方なら特に神経質になる必要はないが,もし独自のやり方でAirPodsの汚れを落とすなら注意して欲しいことがあるので紹介しよう。

 

AirPods汚れの落とし方注意点は3つ

  1. AirPods本体及びケースに傷をつけないこと
  2. 完璧主義をやめること
  3. 水分・液体のつけすぎに注意すること

以上の3つ。

 

AirPods本体及びケースに傷をつけないこと

AirPods本体及びケースに傷がつくと,そこに汚れが入り込みなかなか表面を擦っても汚れが落ちなくなる。

先端が鋭利な物(例:クリップ,つまようじ,金属類など)や硬い物で擦らないようにしよう。

 

完璧主義をやめること

掃除を始めるとつい夢中になりちょっとの汚れでも気になる始める人がいるが,ほどほどでやめておこう。

物はいずれ壊れるし,使っていれば汚れるのは当たり前。

パッと開いた時に綺麗に見えれば問題ない。

何事もやりすぎはよくない。

 

水分・液体のつけすぎに注意すること

AirPodsは完全防水ではない。

汚れを取りたいあまり,液体クリーナーを直接ぶっかけたり,洗剤につけたりしないようにしよう。

意外と水分に弱いというレビューが多いので水分・液体のつけすぎには充分注意してほしい。

AirPodsの汚れの原因とは?

AirPodsが汚れる原因は4つ

  1. 耳アカによるもの
  2. 手アカによるもの
  3. ケースマグネット(磁石)によるもの(砂鉄など)
  4. 傷に汚れが入り込むことによるもの

これらの原因を排除することは不可能。

 

AirPodsは汚れやすいので,こまめに掃除するのが大事

ということを認識する必要がある。

 

掃除の頻度としては『1週間に1度』程度汚れを確認し,早めに汚れを落としてあげることが綺麗で清潔なAirPodsを保つ秘訣と言えそうだ。

 

溶接工
溶接工

綺麗なAirPodsは,気持ちいい!

 

液晶用クリーナー

 

汚れがきついときは強力タイプもオススメ!

 

歯間ブラシについてはゴム形状のタイプがオススメ!

AirPodsの汚れは案外他人から見られている

人は見た目が9割というが,身なりや携行品も案外他人から見られている。

  • 爪の状態
  • 鼻毛の状態
  • 歯の汚れ
  • 靴の汚れ
  • スマホの画面の割れ・汚れ
  • バッグの汚れ・中身の乱雑さ
  • 時計のバンドの汚れ
  • 財布の汚れ

など身なりや携行品が汚いと,どうしてもだらしない印象を相手に与えてしまい思いもかけないところで損をする。

日頃から身なりや携行品に気を配り,いらないことで損をしないようにしよう。

 

AirPodsの汚れは,ダストガードなどで目立たなくすることもできる。

ちょっとでも汚れが気になるなら,いっそのことダストガードを貼るという手もある。

ダストガードは1000円前後で綺麗な状態をキープでき,掃除の手間も省けるので安い投資。

いろんな種類があり,色も選べるので検討してみるのもアリ。

 

AirPodsの汚れ落としに参考にした動画及びリンク

最後にAirPodsの汚れを落とすために参考にしたYouTube動画とApple公式リンクを貼っておく。

俺が尊敬している「Appleが大好きなんだよ」さんの動画。

非常に丁寧でわかりやすい。

歯ブラシ,液晶クリーナー,激オチくんを使っている。

AirPods や EarPods のお手入れ方法ーApple公式サポート

Apple公式でもAirPods や EarPods のお手入れ方法という形で説明がある。

ただ写真も動画もないので想像し辛く,あーそうなんだぐらいの価値しかないが…。

綺麗で清潔なAirPodsで音声メディアを楽しもう!

最近では,「夜寝る前」・「電車の待ち時間」・「通勤時間」などに【音声】を聞くことが多くなってきた。

 

理由としては,

  • 読む手間がいらない
  • 隙間時間で本が読める(聴ける)
  • 記憶に残りやすい
  • 話し手のイケボが心地よい

などでハマってしまった。

 

日本でも音声メディアは急成長しており,つい最近ではclubhouseがブレイクしたのは記憶に新しい。

アメリカにおけるデジタルメディアの消費者行動に関する調査結果『Infinite Dial 2018』によると,ポッドキャスト(音声メディア)を聞いたことがある人の数は,なんと1億1200万人にのぼる。

 

いずれ日本にも音声メディアの波が押し寄せ巨大マーケットを築くはず。

世界の波に乗り遅れないためにも,音声メディアを今のうちに体験しておくことは重要。

 

音声メディアの【Amazonオーディブル】は30日間無料で体験でき,気に入らなければ即退会できる。本も1冊無料なので,この機会を逃さないでほしい。

Amazon Audible(オーディブル)を30日間無料体験する

AirPodsの汚れは〇〇で落とせ!:まとめ

まとめ

AirPodsの汚れを落とすには歯間ブラシが最高だった。常に清潔で綺麗なAirPodsを使って音楽や動画を楽しもう!

液晶用クリーナー

汚れがきついときは,強力タイプもオススメ!

歯間ブラシについては,ゴム形状のタイプがオススメ!

ダストガードで綺麗な状態をキープ!

当ブログの歩き方【サイトマップ】

ブログ10万PV/月達成!

ド底辺の溶接工が必ず役立つ【溶接,Mac,お金の情報】をブログで発信中!

 

【渾身】の記事をしゃーなしで見てみる!

  1. 溶接カテゴリー【溶接】おすすめの10記事【サイトマップ】
  2. Macカテゴリー【Mac】おすすめの10記事【サイトマップ】
  3. お金カテゴリー【お金】おすすめの10記事【サイトマップ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。