VODサービス

【傑作】アマゾンプライムのおすすめ戦争映画・ドラマ14選【おまけあり】

【傑作】アマゾンプライムのおすすめ戦争映画・ドラマ14選【おまけあり】

 

アマゾンプライムで観れるおすすめの戦争映画・ドラマを知りたい。

 

溶接工
溶接工

アマゾンプライムはおすすめの戦争映画・ドラマの宝庫。

とっておき教えるね!

 

本記事の内容は以下の通り

・アマゾンプライムでおすすめの戦争映画・ドラマがわかる【全て実話】

この記事を書いている俺はアマゾンプライムビデオを利用して8年。

【アマゾンプライムビデオの感想】→満足度高っっ!【8年継続した本音】

洋画好きで年間視聴本数は約100本。

その中でも戦争映画・ドラマは,極限状態での現場の言動・行動など溶接工(建設業)という仕事柄勉強になることが多いためよく視聴する。

しかも実話ベースなので歴史の背景を知ることができる。

 

そんな俺がアマゾンプライムビデオでおすすめな戦争映画・ドラマを厳選したので気に入ったら観て欲しい,いや観るべき!

アマゾンプライムでおすすめの戦争映画・ドラマ一覧

手に汗握り,感情が揺さぶられ,極限状態を疑似体験できる映画・ドラマばかりをピックアップした。

壮絶な戦争体験を自宅で体験して欲しい。

これから紹介する映画・ドラマを観れば,暖かい布団で寝れる現代に生きていて良かったと実感するはず。

 

おすすめする詳細な理由は後術するとして,まずはサクッと一覧でまとめた。

この中で1本を選べと言われれば,向井理さん主演の「永遠のゼロ」。

太平洋戦争での神風特攻隊で戦死した一人の男「宮部」に関するドラマ。

このドラマは日本人なら苦しくて観ていられない…。って観て欲しいんだけど…。

日本の軍国主義の愚かさ,家族を残して若い人が特攻する気持ち,先祖への畏敬の念,感情がグチャグチャになる。

わずか60年前に太平洋の大海原で起きた物語「永遠のゼロ」必視聴!

 

アマゾンプライムビデオは30日間無料で試せて解約も秒でできるので,上記の14本で気になったのがあれば,戦争の疑似体験をしてほしい。

    \ 30日間無料 /

「宮部」と一緒に真珠湾へ永遠のゼロ 

お得なプライム会員はコチラ【30日間無料!】Amazonプライム会員

アマゾンプライムでおすすめの戦争映画・ドラマ紹介

アマゾンプライムでおすすめの戦争映画・ドラマを個別に紹介していこう。

 

ゆったりした椅子に座って現代の幸福さに浸りながら戦争映画を楽しんで欲しい。

 

1.二百三高地

二百三高地

今世紀初頭、近代化したとは言え、列強諸国に比べ遅れをとる日本が、超大国ロシアに何故戦争を挑んだのか。そして、その戦争を背景に、政府、軍、民間といった様々な階級の人々がいかに生きたかを描く。

 

脚本は「仁義なき戦い」シリーズの笠原和夫、監督は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の舛田利雄、撮影は「トラック野郎 突撃一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

 

1980年製作/185分/日本
原題:Port Arthur
配給:東映

日露戦争を描いた傑作。

当時,世界最強だったロシア陸軍に我が国「日本」がいかに戦い勝利を治めたか。

乃木大将を中心とした満州軍と第三軍、および小賀中尉を中心とした前線の兵卒、中隊の二本立てで映画は進む。

 

武士道精神とは?日本軍とは?を深く考えさせられる作品。

 

2.Uボート

Uボート

第2次大戦を舞台にドイツ軍潜水艦の乗組員たちの行動を描く戦争人間ドラマ。

 

製作はギュンター・ロールバッハ、監督は「昼と夜のような黒と白」のヴォルフガング・ペーターゼン、ロタール・ギュンター・ブッフハイムの原作を基にペーターゼン自らが脚色。

 

1981年製作/135分/西ドイツ
原題:Das Boot
配給:日本ヘラルド映画

ドイツ人(ヴォルフガング・ペーターゼン監督)がドイツ軍を描いた傑作。

緊迫感,緊張感。

どれをとっても一級品。

ハンディカメラで潜水艦内を追う映像はまさに「戦争疑似体験」。

アッと言う間に時間がたっているだろう。

 

アメリカ万歳!って映画が多いがUボートは違う。

戦争に勝者なし。

 

3.戦場のメリークリスマス

戦場のメリークリスマス

第2次大戦中のジャワ山中。日本軍捕虜収容所という、極限状況に置かれた人間たちの相克を描いた異色のヒューマンドラマ。

 

日本軍のエリート士官ヨノイと連合軍捕虜セリアズ少佐の愛情めいた関係を中心に、日本軍人と西洋人捕虜との関係が興味深く描かれる。坂本龍一、ビートたけし、デビッド・ボウイといった国内外の異色スターたちが共演し、坂本の音楽も高い評価を得た。

 

1983年製作/123分/日本・イギリス合作
原題:Merry Christmas Mr. Lawrence
配給:松竹富士、日本ヘラルド映画

「メリー・クリスマス!ミスターロレンス」のセリフで有名な映画。

このセリフの前後を観るとなかなかにハードで,とてもこのセリフ言える状況ではないのだが…。

坂本龍一の音楽,ビートたけしの異様さ,大島渚監督の性癖などやっと現代が「戦メリ」に追いついてきた感がある。

 

40年前の映画なのかと思うほど感覚は最先端。

感性豊かな人は「戦メリ」観るときっと影響されるはず。

 

4.ヒトラー ~最期の12日間~

ヒトラー ~最期の12日間~

独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチス党の最期の12日間の様子を描いた実話ドラマ。

 

監督は「es」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。製作・脚本は「バイオハザード」シリーズ(製作のみ)のベルント・アイヒンガー。2004年バンビ賞、2005年ドイツ・アカデミー賞最優秀男優賞、最優秀製作賞、観客賞など受賞。

 

2004年製作/155分/ドイツ
原題:Der Untergang
配給:ギャガ

名作が多いヒトラー物。

金の切れ目が縁の切れ目ということわざ通り,敗戦間近のヒトラーからいろんな人間が離れていったり,裏切ったり。

臨場感で息が詰まる…。

 

自分ならどんな決断をするか。

死ぬ直前の心理とはどういうものか。

 

極限状態の人間の本質を体験することになる。

 

5.ヒトラーの忘れもの

ヒトラーの忘れもの

終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去を強制される敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づいて描いた。第2次世界大戦後、デンマークの海岸沿いに残された無数の地雷を撤去するため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが連れて来られる。彼らを指揮するデンマーク人軍曹はナチスに激しい憎しみを抱きながらも、無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て良心の呵責にさいなまれるようになっていく。

 

2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、軍曹役のローラン・モラーと少年兵役のルイス・ホフマンが最優秀男優賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「地雷と少年兵」)。

 

2015年製作/101分/G/デンマーク・ドイツ合作
原題:Under sandet
配給:キノフィルムズ

美しい海岸で地雷撤去する少年。

母国が仕掛けた地雷で罪もない少年が死んでいく。

 

戦争の理不尽さが身に染みてわかる傑作だ。

子供を持つ親なら,この映画は見ていられないだろう。

 

戦争が終わった後の「敗戦国」の扱いを知ると,我が国日本と重なりちょっとショック。

口の中に砂利が入ったように気分が悪い。

 

6.男たちの大和

男たちの大和

東映と角川春樹が、戦後60年記念作品として世界最強最大と謳われた「戦艦大和」に乗り込んだ乗組員たちの悲劇を壮大なスケールで描いた超大作。05年4月6日、鹿児島県枕崎の漁港を訪れた1人の女性が、老漁師に北緯30度43分、東経128度4分まで船を出してほしいと懇願する。しかし、そこはかつて老漁師が新兵として乗り込んでいた戦艦大和が60年前の昭和20年4月7日に沈んだ場所だった。

 

監督・脚本は「新幹線大爆破」の佐藤純彌。反町隆史、中村獅童、渡哲也、鈴木京香、仲代達矢ら豪華キャストが共演。

 

2005年製作/143分/日本
配給:東映

昭和20年4月6日の「菊水作戦」における戦艦大和の乗組員を描いた作品。

 

正直この映画は涙なくしては観ることができない。

片道の燃料で「死」を覚悟し日本のために戦う。

大和魂の壮絶さに終始圧倒される。

上官の命令は「死」さえも絶対服従…。

 

この映画を見て,しっかりとお盆にお墓で手を合わせるようになった。

先祖と戦没者にむけて。

 

7.永遠のゼロ

永遠のゼロ

史上空前の大ヒット小説を向井理主演でドラマ化。「愛する妻のため、娘のために生き残る――」壮絶な運命との戦いを決意した宮部はなぜ特攻へ?

終戦60年を翌年に控えた平成16年の夏。

長谷川を訪ねた2人は左腕を失った姿の長谷川に息を呑む。長谷川は、宮部について「海軍航空隊一の臆病者だった」と告げ、ラバウルとガダルカナルで繰り広げられた激しい攻防戦の記憶を語り始めた――。

©テレビ東京/テレパック

岡田准一氏の主演映画の「永遠のゼロ」よりも、こちらのTV版の方が原作に忠実で深く理解できる。

 

「神風」にどこかカッコよさを感じていた自分の愚かさに嫌気がさした。

太平洋戦争を自ら勉強しようと思ったのも「永遠のゼロ」がきっかけ。

調べれば調べるほど,切なくて,愚かで,無意味だった。

 

永遠のゼロを観れば戦闘機をカッコいいとは思わなくなる。

 

8.プライベート・ライアン

プライベート・ライアン

第2次世界大戦を題材に、過酷な戦地での男たちの友情と生き様を描いたヒューマンな戦争映画。戦場の殺戮を徹底したリアルさで再現し、ドキュメンタリー映画の迫力さえ帯び話題となった。監督はスティーヴン・スピルバーグ。

 

98年度(第71回)アカデミー賞最優秀監督賞(スピルバーグ)を受賞。98年キネマ旬報ベスト・テン第2位。

 

1998年製作/170分/アメリカ
原題:Saving Private Ryan
配給:UIP

この映画は冒頭の30分で死ねる。

俺は死ぬ自信がある。

 

なんのことか見ればわかる。

冒頭の30分が濃すぎて記憶に焼き付いている。

 

戦争なんかマジで行きたくねぇーーーーって思える映画。

あなたは何分生き残れますか??

 

9.聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

真珠湾攻撃によって太平洋戦争の端緒を開いた戦略家として知られる大日本帝国海軍の軍人・山本五十六の実像に迫るドラマ。在米日本大使館での勤務経験から国力の差を誰よりも把握し、米英を敵に回す日独伊三国同盟に反対していた海軍次官時代から、自らの意思に反して戦争を始めなくてはならなくなった苦悩の司令長官時代を経て、早期終戦による講和を目指しながら志半ばで命を落とすまでを描く。

2011年製作/140分/G/日本
配給:東映

最も戦争に反対した男「山本五十六」。

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

の名言を残したことでも有名。

 

どんな想いで真珠湾でアメリカ軍の総攻撃を受けていたのだろう。

だから言ったのに…天国からの五十六の声が聞こえてきそう。

 

10.ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。

 

人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。

 

第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。

 

2016年製作/139分/PG12/アメリカ・オーストラリア合作
原題:Hacksaw Ridge
配給:キノフィルムズ

「勇敢」とはデズモンド・ドスのことを言う。

そう辞書に定義しても全く差し支えない。

 

極限状態で信念を貫く勇気。

信念を持っている男はカッコいい。

 

11.バンド・オブ・ブラザース

バンドオブブラザーズ

『バンド・オブ・ブラザース』(原題: Band of Brothers)は、スティーヴン・アンブローズのノンフィクション作品、およびそれを原作にした2001年製作のテレビドラマ。第二次世界大戦におけるアメリカ陸軍第101空挺師団第506歩兵連隊第2大隊E中隊の訓練から対ドイツ戦勝利・終戦までを描く。

スピルバーグとトムハンクスが制作。

名作中の名作。

カラヒ〜!!は観た者の合言葉。

 

俺もウインターズみたいになりてぇーーよ。

感想はコチラで熱く語ってます海外ドラマ【最高評価】「バンドオブブラザーズ」感想。(ネタバレあり)

 

12.ザ・パシフィック

バンドオブブラザーズ

バンド・オブ・ブラザース制作委員会が第1海兵師団の海兵隊員達を主人公に太平洋戦争の戦いを描く、実話を基にしたテレビドラマシリーズである。

 

脚本は元海兵隊員ユージーン・スレッジのノンフィクション作品『ペリリュー・沖縄戦記』と、同じく元海兵隊員ロバート・レッキーの回想記『南太平洋戦記―ガダルカナルからペリリューへ』に加え、議会名誉勲章受章者である海兵隊員ジョン・バジロン一等軍曹のエピソードを基にしており、物語はこの3人を中心にして描かれている。

戦争のクソさがよくわかる。

何回も観ながら唇を噛み締めた。

 

それぐらいリアルだし,臨場感がある。

日本対アメリカをアメリカ側から冷静に描いているので日本人にはきつい描写もある。

 

知らぬ間に歯を食いしばるのでなるべく歯が弱い人は注意して観て欲しい。

Google検索1位の感想はコチラ【真実】ザ・パシフィック感想〜リアルな戦争がここに〜(ネタバレあり)

 

13.13デイズ

13デイズ

1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることになる。ケネディ大統領は、アメリカ合衆国建国以来の、ひいては人類全体の未曾有の危機に立ち向かうべく、緊急危機管理チームを召集した……。

2000年製作/145分/アメリカ
原題:Thirteen Days
配給:日本ヘラルド映画

起こっていたかもしれない第三次世界大戦を食い止めたよって話。

緊迫感,決断力,判断力。

ヒリヒリの映画好きにはたまらない。

 

胃が痛むような緊張感が好きな人向け。

つばを飲み込むのを久しぶりに忘れた映画。

 

14.13時間ベンガジの秘密の兵士

13時間ベンガジの秘密の兵士

「トランスフォーマー」シリーズなどのヒットメーカー、マイケル・ベイ監督が、2012年にリビアで発生したイスラム過激派によるアメリカ領事館襲撃事件を映画化したアクションドラマ。事件を取材したジャーナリストのミッチェル・ザッコフによるノンフィクションをもとに、支援を絶たれた6人のCIA警備兵が繰り広げる13時間の激闘を臨場感たっぷりに描き出す。

2016年製作/144分/アメリカ
原題:13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi

ジャケット写真がカッコよくて,「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ視聴」した映画。

結論から言えば,期待値を軽くこえていった。

「上司の有能さ」ってのが危機管理能力や危機打開能力にあると確信させてくれた映画。

 

実話から得るものは多く他山の石としないことが大事。

危機的状況で自分ならどんな判断を下すか考えながら観ると,じっとり嫌な汗かけます。

アマゾンプライムのお得な使い方【おまけ】

アマゾンプライムのお得な使い方は,Amazonギフト券を使うこと。

Amazonギフト券でもらえるポイントを使えば100円の映画が10本は見れる。

 

【アマゾンプライムのお得な使い方】は下記の通り

  1. キャンペーンにエントリをクリック
  2. Amazonギフト券を5,000円分購入
  3. 支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」にする
  4. 初回限定1,000ポイントをもらう

普通にAmazonギフト券を買ってもお得だけど,初回限定キャンペーンを使うと,もっとお得。

5,000円分買って1,000円分ポイントがつく。

20%もお得。

これは…買わなきゃ損でしょ!

当然もらったポイントは他の買い物にも使える。

 

キャンペーンは終了時期未定だが,Amazonは気づいた時には終わってるパターンが多い。

ぜひこの機会にゲットしておくことをおすすめする。

初回限定キャンペーンでAmazonギフト券をゲットする!

 

ちなみにAmazonギフト券は得しかないので,よくAmazonを使う人は購入を検討するといい。

Amazonギフト券でチャージする

アマゾンプライムのおすすめ戦争映画・ドラマ:まとめ

まとめ

極限の判断力,決断力,集中力を疑似体験できる戦争映画は得るものが多い。

人生で大きな決断をするときは,修羅場の経験が物を言う。

戦争映画・ドラマで修羅場の経験値増やすのは賢い選択。

ドラクエの勇者のように。

 

今回紹介した映画はアマゾンプライム会員なら無料で視聴できる。

会員じゃなくても30日間のお試し期間を使えば無料。

解約も秒でできる。

    \ 30日間無料 /

「宮部」と一緒に真珠湾へ永遠のゼロ 

お得なプライム会員はコチラ【30日間無料!】Amazonプライム会員

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。