東京旅行

【本音レビュー】酷評!?【泊まれる本屋 浅草】の良い所・悪い所「BOOK AND BED 」

【本音レビュー】酷評!?【泊まれる本屋 浅草】の良い所・悪い所「BOOK AND BED 」

 

東京旅行(2019.8.18〜19)で泊まった場所は「泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草店」

 

ネットの口コミをみるとオシャレ!とか過ごしやすい!とか賛美のレビューが多い。

「実際は宿泊してどうなのか?」

「置いてある本のジャンルは?」

「寝やすさや快適性は?」

「アメニティー,パジャマ,バス,トイレは?」

など,44歳底辺溶接工が本音で【良い所・悪い所】を語っていきたいと思う。

 

俺の「泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草」の評価は,

結論:2回目はないかな…。

だった。

その理由をこれからレビューしていきたいと思うので,これから「泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草」に宿泊を考えてる人の参考になれば幸い。

そもそも「BOOK AND BED」って何? 泊まれる本屋の(勝手に)Q&A

BOOK AND BEDって何?
溶接工
溶接工
コンセプトは「泊まれる本屋」。最高の「寝る瞬間」(本読みながら気づいたら寝落ち)の体験ができる,ホステル。
ホステルって何?
溶接工
溶接工
ホテルと違ってホステルは【共用スペース】が中心というのが特徴で個室がなく(ベッドはカーテン1枚で仕切り)トイレ,洗面所,シャワーなどが共用だよ
店舗数は?
溶接工
溶接工
東京では池袋,新宿,浅草。大阪心斎橋,京都,福岡にもあるよ。
料金は?
溶接工
溶接工
「COMPACT」¥3,800 (税抜)/1泊「STANDARD」¥4,600 (税抜)/1泊「DOUBLE」¥6,800 (税抜)/1泊 だよ。
どんな本が置いてあるの?
溶接工
溶接工
1500冊程度あって,小説,ファッション雑誌,美術系の本,漫画ちょっとって感じかな。自己啓発系の本やお金の本,健康系の本は少ない感じだね。ヘビーな本好きには絶対に物足りないと思う。
自宅から持って行った方がいいモノってある?
溶接工
溶接工
歯磨きセット,ポケットティッシュ,パジャマ(部屋着),スリッパ,ひげそりかな。
駅から近い?
溶接工
溶接工
浅草駅2番出口 徒歩3分だよ。観光地の浅草寺がすぐ近くだしスカイツリーにも十分近い。コンビニやドラッグストアも近くにあるし立地は最高じゃないかな。
手荷物って預かってくれるの?
溶接工
溶接工
荷物預かりは,チェックイン、チェックアウト(16:00まで可能)預かってくれるよ!
他に注意点ってある??
溶接工
溶接工
他人と同じ空間で寝たり,本読んだり,潔癖症,陰キャには不向きかも。あと現金が使えないのでクレジットカードが必須だよ。

【泊まれる本屋 浅草】の良い所・悪い所【本音レビュー】

【泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草】の良い所

1.オシャレ!(インスタ映えする)

オシャレポイントがかなり高い。

店内には,雰囲気のいいミュージックが流れ,本棚の間にベッド。

まるで外国映画に出てくるようなシュチュエーション。

本を読んでいる人や会話をしている人の服装もなんかオシャレ。

年齢層も比較的若い人が多めで汚いおっさんとかはいない。

みんな小綺麗でオシャレ。

どこを切り取ってもインスタ映えすること間違いなし。

店員さんにお願いすれば写真も一眼レフで撮ってくれるので最高の一枚ができるかも。

 

ちなみに俺が一番オシャレ!だと思ったのが入り口。

この正面のロッカーが入り口になっている。

この世界観好きです。

 

2.ベッドで本を読めば秘密基地感覚!

ベッドは狭い。

今回一人でもダブルで宿泊したのだが,それでも狭い。

けど,その狭さが子供の頃に作った秘密基地に似ている。

押入れの中の作った秘密基地。

ワクワクしてエロ本を広げたあの感覚。ちなみにエロ本はありません。

秘密基地感覚を味わいたいなら最高。

 

3.観光地から近い,駅からアクセスがいい,料金も安い

浅草寺,スカイツリー,上野動物園,秋葉原など,東京の有名観光地に近く「泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草」へは浅草駅2番出口から徒歩3分など立地もいい。

一番安いプランの「COMPACT」なら¥3,800 (税抜)/1泊で宿泊できる。

カプセルホテルや漫画喫茶よりもオシャレに宿泊したいなら「泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草」はアリ。

 

4.見知らぬ人と知り合えるかも…。

人種のるつぼ東京 浅草。

たまたまこの時間,この場所,このタイミング。

運命を感じずにはいられない。

普通のホテルではありえないシュチュエーション。

で,話しかけやすい雰囲気はある。

人見知りしない人なら,いろんな人と出会えるかも。

 

【泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草】の悪い所

1.住人ガチャ

今回は全然大丈夫だった。皆さん静かでオシャレで品があった。

けども中には,イビキがうるさい奴,話し声がデカイ奴,クサイ奴,汚い奴,生活音がうるさい奴,マナーや品がない奴など絶対に遭遇するはず。

「BOOK AND BED」が悪いわけじゃないけど,ホステルは住人ガチャは覚悟しなければならない。

 

2.アメニティが少ない

旅行はなるべく手荷物を減らしたい。

しかし,BOOK AND BEDで快適に宿泊するには若干の持参品は持って行った方がいい。

  • 歯磨きセット
  • ポケットティッシュ
  • パジャマ(部屋着)←(貸し出しは有)
  • スリッパ←(共用スリッパは有)
  • ひげそり

は持参したほうがいい。

 

3.軽食がない

夜中にちょっとつまみたい。

飲み物はあるのだが食べ物メニューが少ない。

持ち込みはOKなので外で買って持ち込むしかないのは残念。

 

4.本のセンスが合う合わないがある

本の種類(ジャンル)が少なすぎると思う。

コンセプトが【泊まれる本屋】なのだから,もっと本屋並みの取り揃えがほしい。

オシャレ系の本が多くて俺好みの本が少なかった。

こんなオシャレな所に宿泊してお金の本や自己啓発の本を読みたい奴が少ないかもしれないけど…。

 

5.ベッドが狭い(180cm・70kg)の場合

この上の写真は今回宿泊したダブル。

ダブルでも狭かった。

この狭さは今回の誤算。

2回目がないのも狭さのせい。

コンパクトだとマジで狭いと思う。

少なくとも巨漢の俺にはちょっと狭すぎ。

出入りが辛くて腰が痛い人も気をつけた方がいいかも。

 

6.潔癖症ぎみの人は注意が必要

シャワー室には,シャンプー,リンス,ボディソープが置いてある

洗面台にはハンドソープと下部にドライヤー。

 

BOOK AND BEDはホステル。

ホテルと違い共用スペースが中心。

トイレ,シャワーなども当然共用なので潔癖症ぎみの人は絶対にキツイ。

シャワールームも綺麗だしトイレも綺麗だが,赤の他人が使っていることには変わりない。

気になり出したらきっと凹むのでやめたが,気にする人は注意してほしい。

 

7.ベッドに食べ物,飲み物持ち込み禁止

当然といえば当然だが,ペットボトルぐらいは持ち込みOKにしてほしい。

こぼす奴が絶対にいるのはわかるが…。

夜中に喉が乾いても買いに行くのも面倒だし,お酒って気分でもない。

ベッド横に水のペットボトルがないのがこんなに不便だとは思わなかった。

 

8.大きな声で旅の思い出が話せない

俺は一人旅だったので思い出話しをする相手がいないが,カップルや夫婦の場合には今日あった出来事や明日行く観光地のことを喋りたいだろう。

しかし,BOOK AND BEDは共用スペースで大きな声は周りの人に迷惑になる

ホステルを宿泊地として選ぶときは考慮する必要がある。

まとめ

まとめ

東京旅行の際宿泊した泊まれる本屋 BOOK AND BED浅草。2回目は浅草以外の新宿などにしてみよう。広そうだし…。オシャレにMacでブログ書くのもインスタ映えしそう。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。